睡眠障害の原因はストレスが大きい。寝る直前までのスマホにも注意

睡眠障害の原因となるものは何でしょうか。

自分自身ではなかなか自覚しにくい睡眠障害の原因を考えてみます。

睡眠障害の原因はストレスが大きい

睡眠障害については、日中の興奮や日常のストレスが原因になっている
ことが多いといわれます。
具体的には仕事上の問題や人間関係など。

人間は昼間の活動時間には交感神経が優位で、これが副交感神経に切り替わると
落ち着いて眠るようになります。

ストレスが大きいと、夜の寝る時間帯になっても、あるいは夜中も、
交感神経が優位になったままで、なかなか眠れないのです。

スマホも睡眠障害の原因になる

寝る直前までスマホを見ているのではないでしょうか。
スマホを持って布団に入る。

人間は光を浴びると体内時計が昼や活動時間だと認識します。
特に目が光りを見れば余計です。
ブルーライトという言葉も聞いたことがあるかもしれません。

さらに多くの情報を得て脳が興奮状態になっていくので、
交感神経が優位になり、とても眠れる状態ではありません。

スマートフォンが不眠症、睡眠障害の原因になることを知っておきましょう。

夜間にかけてストレスを減らす

睡眠障害や不眠症を改善するにはどうすればよいでしょうか。

できる限り規則正しい生活サイクルを守り、こまめにストレス解消、
適度な運動をする。
これでやがて眠れるようになっていきます。

夕方から夜間にかけて、刺激的な食べ物、飲み物、テレビやパソコン、
ゲーム、スマートフォンも控えましょう。

とにかくリラックスすることを心がけて、夜間にかけてストレスを減らすのです。

睡眠中の異常行動

寝入ってる間に異常に体を動かしたりする場合も睡眠障害。
精神面のことも懸念されますが、単純に体に不調は無いでしょうか。
身体検査、健康診断を改めて行ってください。
持病や実際の体の痛みが伴うとわずかな感覚でも健やかに寝れない可能性があります。
腰痛や関節痛、虫歯などあらゆる痛みや体の異変に注意。

睡眠時無呼吸症候群のような大きないびきや無呼吸などを
引き起こす原因は肥満、血圧、顎骨の形などが原因という説が有力。
まずは医師の診察や検査を受けることが肝心。

メンタルヘルスが睡眠障害の原因になる

上記のような点に留意しても、改善が見られない場合、もしかすると
メンタルに問題を抱えていることを否めません。
メンタルヘルスに異常をきたしている。
この場合は少しばかり深刻である可能性もあります。

何かずっと悩んでいることはありませんか?潜在的に定着してしまうと、
マイクロストレスのように自覚しないままのストレスとなります。

幼少期からのトラウマ、PTSD心的外傷後ストレス障害のような
心の傷があなたを異常へと駆り立てていることもありえる。

精神面の問題については、心療内科もしくは精神科へ。
メンタルクリニックにあまり気が向かなければ、ひとまず内科もしくは
睡眠の問題も扱うクリニックで医師に相談しましょう。

簡単な問診およびカウンセリングで改善することもありますし、
何よりも睡眠障害の原因が判明するかもしれません。

関連記事

睡眠障害の危険性とリスク。不眠症、睡眠時無呼吸症候群、夢遊病は危険
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
不眠症となる原因は主にストレス。他にもスマホ、カフェイン、酒に注意
睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
隠れ不眠症チェック。隠れ不眠症の診断基準とは?
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要
安眠で快眠できる方法とコツ

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

安眠サポート枕。
日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。
首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)