睡眠障害と不眠症

睡眠障害と不眠症は似ているようで微妙に違います。

単に眠れないような日々の状態や、寝れない目覚めるといった問題を
不眠症といい、睡眠障害は不眠症も含め、昼間に眠気が取れない症状
のように比較的軽度なものから、寝ている間に異常な行動を行うと
いった異常なもの、不眠が原因で起こる、うつ等メンタル的な病理など
全般を示します。


不眠の具体的症状は、寝る時間に布団に入っても30分以上寝付けない、
夜中何度も目が覚めてしまう、起床予定時刻よりも早く起きて
その後寝れない、昼間眠気が取れない、ぼーっとしてしまう、
慢性的に睡眠不足を感じている、といったことになります。


不眠症も問題ですが、睡眠障害はさらに深刻な問題。

厚生労働省によれば成人の5人に1人程度、睡眠に関する問題を
抱えたり、悩んだりしているという。

睡眠障害も一時的なものであれば問題ありません。
例えば海外旅行など時差のある国へ移動を行ったり、
仕事や法事などで徹夜に近い夜を過ごすと、極端な睡眠不足や
生活サイクル体内時計が狂ってしまい、眠れなくなる、
異常に寝てしまう、昼間についウトウト船を漕いでしまうといった
ことは誰でも経験あるでしょう。普通の生理現象。

しかし、慢性的に睡眠障害となってしまいますと、
気力の低下、集中力の低下で、やる気が起きない、
全身の倦怠感でダルい、関節が痛い、注意力散漫して
失敗やミスや勘違いを繰り返してしまうなど、
仕事や日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

最悪の場合、うつ病を発症したり、事故にあったり、
廃人のような肉体、メンタルになってしまう恐れもあり、
注意が必要です。

本人に自覚が足りない場合でも、家族や職場など周囲の人から
見れば、顔色が悪い、様子がおかしい、元気がない、と
うかがい知ることができますので、可能であれば声をかけ、
相談にのってあげることを推奨します。

余計なお世話、心配などと考えずに、睡眠障害や不眠症が
深刻になる前に手を差し伸べてあげるようにしましょう。

関連記事

睡眠障害とは?
睡眠障害の原因は?
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
眠れない原因とその影響

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)