睡眠と枕の関係

睡眠において枕はとても重要な関係性があります。
合わない枕で寝ていると肩こり、不眠、いびき等の原因
になり、やがて不眠症につながることさえあるのです。

枕と頭、背骨の関係

人間は頭が重く、日中はその重量を体で支えている。
背骨、肩、首にかけてかなり力が入っています。
唯一、睡眠時に落ち着けることができるので、首にかかる
負担を休ませてあげることができる。

これには枕の高さや材質が重要。
高すぎても低すぎてもダメ。
固すぎても、柔らかすぎてもダメ。

枕は高さと質感で選ぶ

背骨が首の中を通り頭へつながっているわけですが、
その背骨の中には神経が走っています。

枕が高いと前方が、低いと反り返って後方の神経が圧迫
される格好になってしまう。この違いは微妙であり、
わずか数ミリでも影響は変わってしまう。

材質が硬ければ頭が反発され、柔らかいと沈み込んで低くなる。

枕を高さと質感で選ぶのは求められるのはこのため。
一般的には柔らかめの枕が安眠できると言われていますね、
おおよそ適切な位置で頭の沈み込みが止まるので。

枕が合っているか

枕が合っているかを判断する目安として、単純に朝起きたとき、
快眠した満足感があるかどうか。逆に首や肩に痛みや違和感を
感じるようなら早急に枕を交換することをおすすめします。

以外な盲点として朝起きたときに枕から頭が落ちていたり、
ズレていたら、合わなくて居心地が悪いから自ら落ちた可能性があります。

とにかく、日中、慢性的な肩凝りや首の痛み、偏頭痛、
全身の倦怠感、睡眠の不足感、不眠症など、健康な肉体や
精神面が損なわれている感覚が少しでもあれば、睡眠時の枕も
疑ってみてください。

夜中入眠中の、いびきが酷いと指摘される方も枕が合わず、
首の角度が無理に曲がり顎のあたりに負担があるのかもしれません。

枕なし睡眠法

枕無しで寝る睡眠法を唱える向きもあるようです。

首に負担がかからない姿勢をストレートネック
と言い、パソコンの画面を見ている首の角度に近い。
このストレートネックの人は枕なしが楽なことが多いという。

偏頭痛や肩凝りの方も枕なしが合うこともあるといいますが、
健康との因果関係はわかっておりません。

また、とある女優が首にシワを作らないために
枕なしにしているそうですがその効果や真偽も不明。

枕なし、と言いましてもバスタオルやタオルを重ねて枕とする方法
もあります。
枕よりタオルのほうが材質は柔らかくなり、高さも自在に調整可能。

デメリットは、うまく自分の頭の高さに合わせられるかどうか。
悪くはないですが専門家でもないのに自己判断するのは
一抹の不安も残ります。

枕を使うことで、ぐっすり寝れたという快眠の声があり、
医師の指導でも枕アリが基本ですから、枕無しのほうが眠れるという人は、
これまで使ってきた枕が合っていなかったのかもしれません。

正しい枕で快眠を

枕が合っていない可能性がある方は、起きたときに「快眠だった」、
「よく眠れた」と感じない人。あるいは、いびき、むくみ、偏頭痛、肩凝り、
などの症状で日常的にお悩みの方。

最近では、多種多様な枕が市販されており、快眠のための研究の結果
が集約されています。オーダーメイドの枕もあるくらい。

正しい枕を選ぶことで不眠症や睡眠障害も改善できる可能性があります。
活用すべく、いろいろな種類の枕を試してみましょう。
または複数を所有して使い分けるのもよいかもしれませんね。

関連記事

枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
睡眠の重要性
睡眠時間の平均はどのくらい?
睡眠時間は最低でも何時間必要か
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響
レム睡眠とノンレム睡眠
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)