睡眠と寿命の関係。3時間睡眠で人間は死亡率が上がる

睡眠と寿命には関係があるのか。

睡眠時間が短いと長生きできないというのは本当でしょうか。

睡眠7時間前後

1日平均7時間前後睡眠を取っている人が最も寿命が長く、
7時間より睡眠時間が短い人々、逆に7時間を越えて長い人も寿命が短くなった
という調査結果がでています。

実際のところ、睡眠不足の翌日は何か頭が冴えなく体調も悪いですし、
長く寝すぎると満足感はありますが何かボーっとしてしまうということは誰にでも経験あると思います。

睡眠不足で寿命が短くなる

睡眠の役割として高次脳機能として記憶の再編成であったり、
肉体の細胞レベルでの治癒、成長ホルモンの分泌などがあり、
頭と体を休めて回復を図っている。

その回復、治癒がなされないということはダメージが残り、
蓄積されていくことになります。

単に疲れがたまるだけでなく、高血圧、肥満、ガンのリスクも高まるという説もありますので、
病気・大病に関して頑張りだけでは乗り切れません。
睡眠不足は病で寿命が短くなる潜在的リスクが潜んでいるとも言える。

毎日ほぼ同じ睡眠時間で

仮に平日の睡眠時間が短い人が週末に長時間睡眠をとる。
寝だめをすればよいのかと言えば、それも違います。

上記の通り、その日の疲労や治癒を行い、翌日の英気を養う。
これを毎日できなければ意味がありませんし、ダメージは溜めると週末には擦り切れてしまいそうになるでしょう。

睡眠不足が常態化すると、大病や、メンタルバランスの崩れ、うつ病にもなりかねません。

また、睡眠時間に著しく差があることは、毎日のリズムを崩し、
それが原因で不眠症につながっていくという点も指摘されています。

できるだけ毎日ほぼ同じ睡眠時間がよいのです。

理想の睡眠時間は6時間半~7時間半と言えそうですが、
やはり個人差が大きく、3時間で足りるショートスリーパーや10時間近く寝る人がいるのも事実。

7時間では長期的に不足していて、およそ8時間は必要であるという説もあります。

正しい睡眠時間の長さに結論はでませんが、とにかく長生きしたいならば
睡眠と寿命には関係性があることだけは知っておきましょう。

3時間睡眠で人間は死ぬ?死亡率が上がる

海外や日本国内の研究調査でも、睡眠約7時間の人々が最も死亡率が低く、
3時間睡眠の人々は死亡率が1.3倍高かいことがわかっています。

睡眠時間が長すぎるのも死亡リスクが増していくのですが、
とにかく短時間睡眠は危険。

3時間睡眠で人間は死ぬ可能性が高まると言えるでしょう。

関連記事

睡眠と枕の関係
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
睡眠時間の平均はどのくらい?季節・体調・年齢でも変化する睡眠時間
睡眠時間は最低でも何時間必要か?3時間睡眠のショートスリーパーでも仮眠してるかも
睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

安眠サポート枕。
日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。
首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)