眠れない原因とその影響

眠れない時、入眠しにくい夜、その原因とはどのようなものか。
そして、その後にはどのような影響が待っているのでしょう。


最も軽度なのが一時的に環境が変わった場合。
いつもと寝る場所が違う、枕や布団ベットマットなど
寝具、照明が異なるといったこと。
これは旅行や仕事の出張で誰でも経験あるでしょう。

時差のある国へ出かけたり、徹夜をした後などは、
生活リズムおよび体内時計が狂って眠れなくなることも。

無論これらは病気ではありません。


肉体的な原因として、病気、怪我、持病など体に痛みや
異変が有る場合、眠れません、目が覚めやすい。

一時的なものが多く、原因がはっきりしていますので対処
しやすい。


精神面からくる原因は、ストレス、悩み。

こちらも一時的に発表会やプレゼンなど重大なことを前に
気持ちが高ぶっているだけであれば、終わりが見えていますし、
過ぎ去ればその後は問題なく眠れます。

問題は、マイクロストレスや潜在意識に潜む観念、ストレス。
これらはやや厳しい。しかも自覚があればよいですが、
長く続く慢性的な悩みは自分でも慣れすぎてその精神的負担を
わかっていないかもしれません。


その他の原因として、コーヒー、カフェインの取りすぎ、
薬の副作用、運動不足など。

毎晩当たり前のように寝ているようでいて、睡眠はデリケートな側面
もあるため、少しの変化や刺激で眠れなくなることはありえる
のです。


不眠が続くと睡眠障害であり、日常生活や仕事での気力や集中力の
低下に始まり、やがて不注意からミスや事故を起こしてしまう
危険性さえあります。

こういった眠れないことからの悪影響を軽視していますと、
最終的に肉体も自由がきかなくなり、メンタルとしても、
うつ病を引き起こす要因にもなりかねませんので、注意が必要です。

関連記事

不眠症となる原因とは?
隠れ不眠症チェック
睡眠不足の悪影響
睡眠の重要性
睡眠と寿命の関係
睡眠障害の原因は?
睡眠と枕の関係
レム睡眠とノンレム睡眠
安眠で快眠できる方法とコツ
睡眠時間は最低でも何時間必要か

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)