枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要

枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要なもの。

枕と睡眠グッズ

枕といえば頭のクッションとなるものですが、
睡眠中の足用の枕や、全身での抱き枕、
飛行機や新幹線や車の中で座って使う枕もあります。

睡眠グッズとしてはベッド、マット、布団、
アイマスク、目覚まし時計など、いろいろあるものの、
枕は基本中の基本。

それだけ睡眠時における枕は必要不可欠で安眠快眠
に影響が大きいアイテムなのです。
人によってはオーダーメイドして自分専用の枕を
作らせているほどのこだわりを持っている。
安眠にはそれだけの価値があるのです。

快眠グッズとしての枕の種類

快眠グッズとしての枕の例を挙げます。

夏場はひんやり枕。氷枕とは違って、材質の触感や
素材の働きで熱を奪い温度を下げる最新技術の枕。

抱き枕を気に入るかは使う人によりけりですので、やや注意。
抱いて寝ればふわふわした感触で気持ちがよいでしょうが、
抱き枕の存在自体を不愉快に思ってしまう人もいるとか。

輪っか、U字になったエアー枕、クッション枕は、
飛行機のフライトや新幹線、長距離ドライブの車中
の座席で使う枕。
これも確かに頭が楽で寝れる人もいる反面、
全員が合うわけではないようです。

睡眠グッズの購入方法

睡眠グッズは専門店がネット通販にあります。
実店舗に買いに出かけるのもよいですが、
なかなか無いでしょう。

スマホやパソコンから注文するのが簡単で早い。
宅配で自宅まで運んでくれます。

睡眠グッズはプレゼントにも最適ですので、
喜ばれることでしょう。男女関係ありませんし、
父の日、母の日、誕生日など記念日を選びません。

枕は安眠快眠のための睡眠グッズ

寝具としての枕は、高さやサイズなどを慎重に選ぶ
べきで、素材によって柔らかさも変わります。

頭は体の中でも重い部位にも関わらず、立った姿勢では、
背骨だけで支えています。
それを休ませるのが睡眠時。

寝ている間は背骨が真っすぐになるとよい。
枕の素材も頭に硬い接触はよくない。

つまり柔らかく高すぎない枕で寝ることで
昼間の活動時における負荷が解消され、ぐっすり眠れる
ということになります。

逆に、朝起きて、頭が枕から落ちていたら要注意のサイン
とも言えます。
睡眠中の頭の向きや負荷具合がよくなかった可能性がある。

枕は安眠快眠のための睡眠グッズで間違いありませんから、
睡眠時間はきちんと確保しているのに、快眠した感覚が無い
なあと感じている方や、日頃から肩凝り、偏頭痛が続いている
という方などは、一度、お使いの枕を変えてみることを
ご提案させていただきます。

関連記事

睡眠と枕の関係
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

安眠サポート枕。
日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。
首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)