睡眠の重要性

睡眠や不眠症、快眠について語っていこう、知識や方法をまとめる。
睡眠の重要性を改めて考えてみたい。


寝る、眠る、英語ではsleep スリープ、意識を失った状態である。
1日の中で実行され、生活サイクルとしては繰り返される行動。

動物も眠り、人間も眠る。
体の動きは止まり、反応は無いが、起こそうと思えば起きるため、
体内の生命活動は維持されている。


寝る時間帯は、動物だと外界からの攻撃にも備える意味で断続的に
睡眠をしている場合もある。人間も乳幼児などはそうであろう。

幼児の頃から、一時的な仮眠や昼寝を除き、通常は夜間に寝る。
昼間に労働などの活動をすることが理由にあるが、古代の昔から、
原始人は太陽がある明るい時間にしか活動できなかったため、
自然と夜寝て朝起きるという生活サイクルが身に付いたとも言われている。


なぜ睡眠をとるのか?については、寝る理由や意味を考えればわかる。

寝ている間には、精神面、肉体面において、治癒が行われている
とされる。肉体も細胞レベルでの修繕改修のような現象。

精神面は、脳の働きを整える。それは記憶も含めた高次脳機能の整理
がされているとされる。


すなわち睡眠の機能を端的に表すとすれば、自然治癒、免疫、
成長ホルモンの分泌、記憶の整理といったこと。

よって睡眠が無い、あるいは睡眠不足、不眠症、睡眠障害になると、
体が慢性的にダルい、風邪をひきやすい、病気を患う、ストレス、
精神的な不安感、うつ病、になるのはこれが故である。


毎日心が安らげば安眠できるというもの。
そしてその良質な睡眠が心の安定、体の健康を生み出します。

寝ることを軽視してはいけません、重要。
正しい知識を持って、毎日の充実した睡眠を心がけてください。

関連記事

睡眠時間の平均はどのくらい?
睡眠時間は最低でも何時間必要か
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響
睡眠と寿命の関係
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠と枕の関係
隠れ不眠症チェック

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)