不眠症、うつ病の違いは?

不眠症と、うつ病に違いはあるのか。

眠れない状態が続いているのと、鬱な気持ちになるウツ病
について、病名と症状は異うことから無関係と思われがちですが、
実は密接な関係性があります。

不眠症

不眠症は毎晩眠れない、寝付けない、睡眠中に起きてしまう
といった症状が続き、肉体や精神に負担を感じるような症状。

睡眠の役割は肉体の休息を取っていると考えられがちですが、
それだけでなく記憶の整理に代表されるような高次脳機能の
修復や調整も行っている。

不眠が続きますと、脳の機能が不全をきたし、うつ病へ
つながることは大いにあり得ます。

安眠できない原因は、うつ傾向やストレスかも

そもそも安眠できない、朝起きたときに快眠した気がしない
ということは、たとえ睡眠時間が長くとも、良質で深い睡眠が
取れていない証拠。

単に病気で体に痛いところがあるとか、旅行や出張で
いつもと違う環境で寝ているとか、明日に多くの人の前で
プレゼンやスピーチする予定を控えているなど、
明らかにいつもと違う精神状態が原因とわかっていれば、
一時的なものなので問題ありません。

運動不足でも眠れませんから、ある夜寝れなくても不眠症
ではない。

しかし、明確な理由が自身でもわからないのに眠れない日々が
続いているという方は、自律神経失調症だったり、既に、
うつ傾向があるため、心の中の不安感、ストレスなど、
起きている活動時間において問題を抱えている可能性が高い。

slpy_man400

昼間うつ、夜は不眠のスパイラル

昼間に精神不安、うつ的な因子を抱え、それが原因になり
夜は不眠に。

不眠によって脳や精神が不安定で混乱をきたし、うつ病に
なっていく。

どちらの可能性もありますし、一旦、昼の自律神経失調症や、
夜の不眠症になると、お互いがお互いを加速させ、より症状が
深刻で重度になっていく危険性があるといわざるをえません。

うつで不眠に、不眠でうつに

不眠症ではないが、うつ病という人はあまりいないでしょう。
毎晩ぐっすり快眠していて、本人が睡眠に満足していて顔色や
表情もいいのに、うつというのは考えにくい。

良質な睡眠が充分とれていれば、脳機能や精神状態は安定し、
うつ病にはならない、なりにくいのです。

逆に、日常の悩み事は、こじらせてしまいますと、眠りに影響が
でてくるでしょう。たとえ小さな悩みでも長期間続けば
自分でも意識できない潜在意識下のマイクロストレス。

ストレスや悩みは早めに解消すること。
友人知人家族などに相談にのってもらったり、
何かの趣味や運動で発散しましょう。

不眠症、うつ病には関係がある

不眠症、睡眠障害のような症状が感じられたら、
その原因、要因の大部分は起きて活動している日常の時間帯にある、
ということを知っておくべき。

うつ的な精神状態は睡眠に悪影響をおよぼすので、
不眠症とうつ病は関係があるのです。

関連記事

不眠症となる原因とは?
不眠症の症状について
不眠症を改善する
隠れ不眠症チェック
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響
睡眠障害とは?
不眠症で薬を使わない治療法はあるか

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)