不眠症の症状について

不眠症の症状とはどのようなものか。
主にいくつかのタイミングと症状が見られます。


<入眠障害>
入眠時、なかなか寝付けない。
夜それなりの時間帯に部屋の電気を消して布団に入っても
眠りに落ちない、あるいは気持ちや精神が高ぶったまま。

寝ようとすればするほど寝れない。
困って灯りをつけて起きると完全に起きてしまう、
全く眠くならない。


<中途覚醒>
寝入ることができても、睡眠中、つまり夜間、深夜に
目が覚めてしまう。トイレをたびたび催す頻尿や、
病気や怪我で実際の肉体の痛みを伴うときも目が覚めがち。

逆に特に主だった原因や要因が思い当たらないのに
何度も目が覚めるのは、まさしく潜在的な不眠の傾向が。


<早朝覚醒>
朝方、目覚めるタイプ。

目覚ましをかけるより2時間以上前の夜明け前に
目が起きてしまう。

はっきりとした意識で起きて、以後は寝れない、寝付けない。


睡眠時間は人それぞれ個人差もありますので、
絶対に7時間は寝ないと病気というわけではないのも事実。

3~4時間だけの睡眠で毎日、元気に快活に問題なく
過ごしているショートスリーパーと呼ばれる人がいる、
歴史上存在したのも定説。

少なくとも、上記の内容で自分があてはまる、
どうも睡眠不足しているようで、気になるという方は、
不眠症かその予備軍ですので、早めの対策を心がけましょう。

あまり軽視していると、やがて体調不良や精神的な不安や、
うつ等を引き起こす可能性があり、そうなると睡眠障害という
完全な病気へと変貌していっていまいますので注意が必要であります。

関連記事

不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
隠れ不眠症チェック
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
眠れない原因とその影響
睡眠の重要性
睡眠時間は最低でも何時間必要か

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)