不眠症を改善する

不眠症を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。
眠れない毎日が、さらに寝れない状況を引き起こすことも
ありますので、以下に考えてみましょう。


人間は昼間の活用時間帯に交感神経が働き、夜寝るときには、
副交換神経に切り替わります。

不眠症の原因としては、夜の時間帯や寝るときに副交換神経
に切り替わらないこと。
つまりは興奮や緊張、ストレス状態が続いている状況。

昼間にしっかりと活動することで、夜間にゆっくりとできる
のは事実なのですが、あまり興奮の度が過ぎると収まりが
ききにくくなることがあるのです。

過度なストレスや潜在的な悩みも要注意。
無自覚なまま、不安や興奮を感じているのを否めません。


単純に夕方から夜間にかけて、興奮するような飲食も控えたい。

コーヒーなどカフェイン。酒もリラックスするようでいて、
アルコールは体内では毒なので消化器官や肝臓がフル回転で
動くことになる。


テレビ、パソコン、スマートフォンなどは寝る2時間以上前には
スイッチを消すこと。目も光を浴びて刺激的、情報という脳への
刺激も安眠にはよくありません。

夜の時間帯にかけては、部屋の中をなるべく暗くしていき、
興奮するような行動はなるべく避けて、早めに就寝の支度をする。

人間は体温が下がったときに入眠することができますので、
風呂でぬるめの湯に浸かり、30分〜1時間後に暗い部屋で布団に
入っていれば、やがて眠ってしまうでしょう。
風呂はリラックス効果もありますので、ストレス解消にもなりますね。


不眠があまり深刻なようであれば、一度病院へ行き医師に相談すること。

内診やカウンセリングで解決できる場合もありますし、
簡単な精神安定薬や睡眠導入剤を処方してくれるので、やがて
不眠改善へとつながっていくでしょう。

関連記事

不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
睡眠障害と不眠症
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
安眠で快眠できる方法とコツ
睡眠と枕の関係
レム睡眠とノンレム睡眠

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)