不眠症となる原因とは?

不眠症になる原因は何か解説いたします。
直接的な要因よりも、まずは睡眠のメカニズムから
紐解いてみましょう。

昼間は交感神経が高まり活動します。
寝る際は、自律神経の副交感神経が優位になり、眠る。

それが自律神経失調症のようにバランスとして崩れると
不眠症になっていきます。


交感神経が高まる要因として、日中の仕事や行動を考えれば
わかりますね、興奮、ストレス、光が明るい、音、感覚を得る、
反応するといったもの。人間の活動であります。

だから夜寝る部屋では、逆に部屋を暗く静かにし、室内温度を
調整したうえで、布団で温め、目を閉じてじっとします。
これで副交感神経が優位に、入眠へ。


バランスが崩れる要因は、昼間、興奮し過ぎたり、過度なストレスが
あると、布団の中でも交感神経が優位のままになりやすい。

悩みがあるとき、何か特別なことをした日、明日に重大な予定を
控えているなどという夜はなかなか寝付けない、早く起きてしまった、
という経験が誰にでもあるはず。


あるいは寝る際に、直接的原因として、部屋が明るい、騒音がうるさい、
寒い、暑い、といった刺激を生むシチュエーションでも眠りにくい。

旅行や出張でいつもと違う部屋、布団、と環境が変わって寝付けない、
寝れない経験からおわかりでしょう。

もっとも、一時的なことは不眠症ではありませんので、ご安心を。


他の原因としては、夜遅くまでテレビ、パソコン、スマートフォンなどを
見ていたり、カフェインの摂取となるコーヒーを飲んだりすれば興奮に
つながり寝付きや夜中に目が覚め、覚醒しやすい。
酒も気持ちが安らいで眠れるようでいて、体内としてはアルコールの刺激で
覚醒を呼んでいて逆効果。


とにかく、就寝予定時刻から数時間前は早めに寝る支度をしつつ、
体や脳への刺激を少なくしていく、部屋も暗くする。
これで不眠症となる原因を少しでも減らすことができますので、
実践してみてください。

関連記事

不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症を改善する
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
不眠症、うつ病の違いは?
眠れない原因とその影響
睡眠の重要性
睡眠不足の悪影響

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。安眠サポート枕。
特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)