簡単に深い眠りにつく方法はある?深く眠るための工夫

簡単に深い眠りにつく方法はあるのでしょうか。

簡単に深い眠りにつく方法とその工夫

深い眠りにつく方法は、割と簡単にできるものがありますが、その原理を知っておく必要があります。

人間は活動している昼間の体温が高く、寝ている間の体温は低くなっています。
入眠時には体温を下げるような動きがあり、睡眠自体も体温を下げているとされる。
よって、体温が下がる動きがあると眠くなり、簡単に深い眠りにつける。

簡単に深い眠りにつく具体的な方法と、その工夫としては、寝る予定時刻の数時間前から、徐々に部屋を暗くしたり、テレビやスマホを見るのを止めて興奮を避けるようにする。
人間は興奮すると自律神経が活発になり、体温も上がるのです。

また、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるなどの入浴で一度体温を上げることで、風呂上りからしばらくして体温が下がる状況を利用する。このタイミングで布団に入ると寝入りやすい。
合わせてリラックス効果にもなりますのでよい方法と言えます。

ぐっすり眠る方法としての飲み物はある?


ぐっすり眠る方法として飲み物、ドリンクも簡単に深い眠りにつく方法にできます。

寝る1時間前かもう少し前にホットミルクなどの暖かいドリンクを飲むのが有効。
これも体温を上げてから下げることになりますし、リラックス効果も得られる。
甘いホットココアなどもよいかもしれません。

但しコーヒーのようにカフェインを含む飲み物は絶対に避けること。
逆効果で眠れなくなってしまいます。

酒などのアルコールは寝付きをよくしますが、中途覚醒につながり睡眠の質を下げると言われています。
海外ではナイトキャップと呼ばれて一般的ですが、寝る前の寝酒や夕飯時の晩酌はなるべくしないようにし、やむを得ない場合は量を少なく控えめにしましょう。

安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ

体を冷やして体温を下げる方法

単純に体を冷やすことでも入眠がよくなる場合があります。

先にご説明しました昼間の活動時間帯と睡眠中の体温差についてもそうですが、大抵、寝れない夜は考え事をしてしまっています。このことで大脳も興奮して余計に体温が上がっている。

そんなときは氷枕やアイスノン、冷えピタなどの冷却ジェルシートを使うことで、物理的に頭の温度を下げてあげると入眠できる。

あるいは、あまりに体全体が火照って眠れない場合は、部屋を冷房で適度に冷やすことで落ち着き、やがて入眠できることもあるという。

いずれの方法も簡単に深い眠りにつく方法ではありますが、これらは物理的な方法であり、刺激が強すぎるとかえって逆効果になったり健康を損ねることもありますので、適度に冷やすこと。
あるいは一度この入眠方法をやってみて眠れなければ、ご自身の体質やその日の体調に合っていないので止めるようにしましょう。

アリス式睡眠法で簡単に深い眠りにつく

アリス式睡眠法とはSNSのTwitterで話題になった睡眠法だという。
寝付きがよくなると話題になり何万回もリツイートされたとか。

簡単に深い眠りにつく方法とも言えます。

<アリス式睡眠法>
1)布団の上であぐらをかく。
2)目を閉じ、呼吸を眠っている時くらいにゆっくりする。
3)何も考えないようにする
20秒以内に何か映像が現れる。もしくは何かのキャラクターを一瞬思い浮かべる
4)無意識に現れた映像を見続ける
5)半分寝ていたような状態になったらゆっくり布団へ入る
6)布団の中で横になって1~5を繰り返す

米軍式2分で寝れる、すぐ寝る方法で簡単に深い眠りにつく

米軍で行ってるという「2分で眠りにつく方法」も簡単に深い眠りにつく方法かもしれません。

<米軍式 2分で眠りにつく方法>
ベッドに横になり顔の筋肉をリラックス
体をリラックス(肩を下げて腕の力を抜く)
深呼吸する(ゆっくり息を吐く)
10秒かけて頭の中を空っぽにする
次のようなイメージを浮かべる
─ 静かな湖に浮かぶ小舟に横たわる自分
─ 暗い部屋の中で黒いベルベットのハンモックで寝ている
「何も考えない、何も考えない、何も考えない、」と10秒自分に言い聞かせる

安眠と快眠の違い


安眠とは安心して眠れることであり、快眠とは快く眠れた、ぐっすり眠れたという意味。

似ているようですが、違いはあります。
安眠できる環境を整えて、ぐっすり眠れれば快眠できたと言えます。

快眠をするためには、スムーズに入眠へ入り深い眠りにつくことが必要になります。

安眠できる環境を整えてから、本記事でご紹介したような入眠法を実践することで深い眠りについて快眠できると言えます。

安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?

睡眠障害と不眠症の違い


眠れない不眠の問題が不眠症であり、布団に入っても30分以上寝付けないという入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒、深く眠ることができない熟眠障害などがある。

睡眠障害は不眠症も含め、寝れないことがさらに拡大して、うつ病などのメンタルヘルスの問題となったり、睡眠中の異常行動なども含む大きな障害を意味します。

ストレスや環境の変化などが原因となる一時的な不眠症や睡眠障害は健康な方にも珍しくない現象であり、病気ではありません。

簡単に深い眠りにつけなくても、やがて眠りに落ちていたり、別の日でもよいので、ぐっすり深く眠る日があれば問題ありません。

睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題

関連記事

安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
安眠のためのアロマオイルで快眠
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
不眠症で薬を使わない治療法はあるか

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

安眠サポート枕。
日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。
首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)