睡眠 一覧

眠れない原因とその影響

眠れない時、入眠しにくい夜、その原因とはどのようなものか。
そして、その後にはどのような影響が待っているのでしょう。


最も軽度なのが一時的に環境が変わった場合。
いつもと寝る場所が違う、枕や布団ベットマットなど
寝具、照明が異なるといったこと。
これは旅行や仕事の出張で誰でも経験あるでしょう。

時差のある国へ出かけたり、徹夜をした後などは、
生活リズムおよび体内時計が狂って眠れなくなることも。

無論これらは病気ではありません。


肉体的な原因として、病気、怪我、持病など体に痛みや
異変が有る場合、眠れません、目が覚めやすい。

一時的なものが多く、原因がはっきりしていますので対処
しやすい。


精神面からくる原因は、ストレス、悩み。

こちらも一時的に発表会やプレゼンなど重大なことを前に
気持ちが高ぶっているだけであれば、終わりが見えていますし、
過ぎ去ればその後は問題なく眠れます。

問題は、マイクロストレスや潜在意識に潜む観念、ストレス。
これらはやや厳しい。しかも自覚があればよいですが、
長く続く慢性的な悩みは自分でも慣れすぎてその精神的負担を
わかっていないかもしれません。


その他の原因として、コーヒー、カフェインの取りすぎ、
薬の副作用、運動不足など。

毎晩当たり前のように寝ているようでいて、睡眠はデリケートな側面
もあるため、少しの変化や刺激で眠れなくなることはありえる
のです。


不眠が続くと睡眠障害であり、日常生活や仕事での気力や集中力の
低下に始まり、やがて不注意からミスや事故を起こしてしまう
危険性さえあります。

こういった眠れないことからの悪影響を軽視していますと、
最終的に肉体も自由がきかなくなり、メンタルとしても、
うつ病を引き起こす要因にもなりかねませんので、注意が必要です。

関連記事

不眠症となる原因とは?
隠れ不眠症チェック
睡眠不足の悪影響
睡眠の重要性
睡眠と寿命の関係
睡眠障害の原因は?
睡眠と枕の関係
レム睡眠とノンレム睡眠
安眠で快眠できる方法とコツ
睡眠時間は最低でも何時間必要か


睡眠不足の悪影響

睡眠不足は人間に悪影響をおよぼします。
肉体、精神ともに。それは体、心。

睡眠中に行われるとされる肉体や精神への治癒と逆の現象を
引き起こすことになります。


疲れが取れない、体がダルいといった軽度のものは
自覚しやすいですが、免疫力の低下から風邪を引きやすくなり、
同じくウィルスなど細菌感染のリスクが高まるのをご存知
でしょうか。

細胞レベルの治癒がおろそかになるという意味では、
老化、肌荒れ、薄毛、白髪、関節痛、さらには
内臓系統の大病を患うリスクすら考えられます。


脳の機能や精神面への悪影響も避けられません。

ストレスが解消されず溜まりやすくなり、
起きている間ずっとイライラしていたり、妙な不安感がある、
感情のコントロールがきかず情緒不安定となっていきます。

最終的に、狂ったようなハイテンションになったり、
押し黙って落ち込んでしまう、躁うつ症状へとなっていきます。


そこまで重度でなくとも、些細なミスや勘違い、
ぼーっとしていることが増え、事故やトラブルを引き起こすことは、
睡眠不足が原因であると皆気づいていない。

肌荒れといった目で見える肉体の変化や異常は把握できますが、
これも充分に寝ていないことから来てるとは思わないかもしれません。

実は暴飲暴食も睡眠不足から来る自律神経失調とストレスの
合わさった異常行動の可能性があります。

単に、やる気が起きない、集中力がない、顔色が悪い、
そういった場合も睡眠不足、睡眠障害を疑ってみてください。

関連記事

睡眠の重要性
睡眠時間の平均はどのくらい?
睡眠時間は最低でも何時間必要か
眠れない原因とその影響
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠と寿命の関係
睡眠と枕の関係
隠れ不眠症チェック


睡眠障害と不眠症

睡眠障害と不眠症は似ているようで微妙に違います。

単に眠れないような日々の状態や、寝れない目覚めるといった問題を
不眠症といい、睡眠障害は不眠症も含め、昼間に眠気が取れない症状
のように比較的軽度なものから、寝ている間に異常な行動を行うと
いった異常なもの、不眠が原因で起こる、うつ等メンタル的な病理など
全般を示します。


不眠の具体的症状は、寝る時間に布団に入っても30分以上寝付けない、
夜中何度も目が覚めてしまう、起床予定時刻よりも早く起きて
その後寝れない、昼間眠気が取れない、ぼーっとしてしまう、
慢性的に睡眠不足を感じている、といったことになります。


不眠症も問題ですが、睡眠障害はさらに深刻な問題。

厚生労働省によれば成人の5人に1人程度、睡眠に関する問題を
抱えたり、悩んだりしているという。

睡眠障害も一時的なものであれば問題ありません。
例えば海外旅行など時差のある国へ移動を行ったり、
仕事や法事などで徹夜に近い夜を過ごすと、極端な睡眠不足や
生活サイクル体内時計が狂ってしまい、眠れなくなる、
異常に寝てしまう、昼間についウトウト船を漕いでしまうといった
ことは誰でも経験あるでしょう。普通の生理現象。

しかし、慢性的に睡眠障害となってしまいますと、
気力の低下、集中力の低下で、やる気が起きない、
全身の倦怠感でダルい、関節が痛い、注意力散漫して
失敗やミスや勘違いを繰り返してしまうなど、
仕事や日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

最悪の場合、うつ病を発症したり、事故にあったり、
廃人のような肉体、メンタルになってしまう恐れもあり、
注意が必要です。

本人に自覚が足りない場合でも、家族や職場など周囲の人から
見れば、顔色が悪い、様子がおかしい、元気がない、と
うかがい知ることができますので、可能であれば声をかけ、
相談にのってあげることを推奨します。

余計なお世話、心配などと考えずに、睡眠障害や不眠症が
深刻になる前に手を差し伸べてあげるようにしましょう。

関連記事

睡眠障害とは?
睡眠障害の原因は?
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
眠れない原因とその影響


睡眠時間は最低でも何時間必要か

睡眠時間は最低でも何時間必要なのでしょうか。


睡眠時間は一般的に短くて平均6時間は必要とされます。

ショートスリーパーといわれ、3時間程度で毎日活動する人も
いるという。
ナポレオンも3時間しか寝なかったと言い伝えられてるのは有名な話。


睡眠は眠っている間の15分、30分、45分といった周期でサイクルがある。

サイクルの周期で起きると目覚めもよくスッキリします。
昼寝や仮眠で、ふっと目が覚めたことはありませんか?
おそらくそれが15分サイクルです。

このことから3時間睡眠で足りてる人がいるというのも理論上は
成り立ちます。


職場や電車の中でウトウトしている人を見かけませんか?

ショートスリーパーや慢性的に睡眠不足の人でも、昼寝をしている
可能性があるのです。知らずにうたた寝しているとか。

夜間3時間睡眠でも昼寝3時間ならトータル6時間、それはちょっと特殊
としても、夜間4時間で、通勤電車の往復で1時間程度寝ているなら、
それは5~6時間は寝てることに値するのです。

極端に睡眠時間が短い、という人でも結局は、日中に断続的な仮眠を
していて、トータルで充足しているということ。


睡眠時間には、個人差、季節、体調なども関係します。
平均としては7時間前後とされています。

長く寝すぎるのも逆によくないとされていますが、短すぎるのは明らかに
肉体と精神あわせ健康面に悪影響が大きいと考えられます。
肉体の治癒や精神面の安定に睡眠は必須なのですから。

日本人は世界で最も平均睡眠時間が短いというデータさえあります。
最低でも毎日7時間は確保したいものです。

関連記事

睡眠不足の悪影響
睡眠時間の平均はどのくらい?
眠れない原因とその影響
睡眠と寿命の関係
睡眠の重要性
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠


睡眠時間の平均はどのくらい?

睡眠時間の平均はどのくらいなのでしょうか。

主に成人で短くて6時間、長いと10時間。平均すると8時間程度。
日本人の平均睡眠時間は7時間半というデータもあります。

しかしこれは個人差と体調による変化が大きい。
毎日数時間の睡眠で元気、長生きする人もいれば、10時間近く
寝ないともたない人もいるはず。

また、同じ人でも4時間ほどしか眠れない日もあれば、
休日に半日近く眠ってしまうこともあるだろう。


年齢による変化も。

乳幼児は1日断続的に16時間ほど寝ている。ほとんどが睡眠。

成人になれば夜間にまとまった睡眠を取り、平均7時間程度。
特に中年の平均は7時間を切っており全年齢でも特に短くなっている。
仕事のために睡眠時間を削っている傾向が伺えます。

高齢になれば昼間も断続的に仮眠を繰り返したような状態になり
夜間は眠れなくなる傾向が見られる。


季節においても変動はあるもので、単に冬は寒い夏は暑いので、
寝苦しい。それに比較して春や秋は気候がよいので、日中の体への
負担も少なく過ごしやすく、夜間も健やかに長時間眠れる。

もうひとつは人間が原始人の時代から、動物として日の出とともに
活動し、陽が沈むと真っ暗で眠るしかなかった、という時間軸で
夜間に寝るように体内時計が完成しているという事実。

このことは陽が長い夏場は夜が短い分だけ睡眠時間も短くなり、
冬は逆になるので長い夜にひたすら眠る傾向も否めない。

総じて、誰にとっても夏場は睡眠時間が短めになる傾向があると
考えられます。


実は睡眠は15分、30分、45分といった周期でレム、ノンレム睡眠の
サイクルが繰り返されているというのが定説。

このためこの区切りで目覚めることによって快活に起きることが可能。
昼寝など仮眠も15分を意識してください。

夜間の睡眠も8時間10分で目覚ましが鳴るよりも、3時間とか4時間半で
スーっと目覚めて、元気で体調がよいことさえありえます。

朝の目覚ましが鳴る時間をおよそ6時間後、7時間半後に設定してみては
いかがでしょうか。


睡眠時間の平均はあくまでも目安であり、個人差や季節、体調や実際の
睡眠サイクルも意識しながら、7時間前後確保することを意識していきましょう。

関連記事

睡眠時間は最低でも何時間必要か
睡眠不足の悪影響
睡眠の重要性
眠れない原因とその影響
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
睡眠と寿命の関係
睡眠と枕の関係
不眠症のためのサプリメント


睡眠の重要性

睡眠や不眠症、快眠について語っていこう、知識や方法をまとめる。
睡眠の重要性を改めて考えてみたい。


寝る、眠る、英語ではsleep スリープ、意識を失った状態である。
1日の中で実行され、生活サイクルとしては繰り返される行動。

動物も眠り、人間も眠る。
体の動きは止まり、反応は無いが、起こそうと思えば起きるため、
体内の生命活動は維持されている。


寝る時間帯は、動物だと外界からの攻撃にも備える意味で断続的に
睡眠をしている場合もある。人間も乳幼児などはそうであろう。

幼児の頃から、一時的な仮眠や昼寝を除き、通常は夜間に寝る。
昼間に労働などの活動をすることが理由にあるが、古代の昔から、
原始人は太陽がある明るい時間にしか活動できなかったため、
自然と夜寝て朝起きるという生活サイクルが身に付いたとも言われている。


なぜ睡眠をとるのか?については、寝る理由や意味を考えればわかる。

寝ている間には、精神面、肉体面において、治癒が行われている
とされる。肉体も細胞レベルでの修繕改修のような現象。

精神面は、脳の働きを整える。それは記憶も含めた高次脳機能の整理
がされているとされる。


すなわち睡眠の機能を端的に表すとすれば、自然治癒、免疫、
成長ホルモンの分泌、記憶の整理といったこと。

よって睡眠が無い、あるいは睡眠不足、不眠症、睡眠障害になると、
体が慢性的にダルい、風邪をひきやすい、病気を患う、ストレス、
精神的な不安感、うつ病、になるのはこれが故である。


毎日心が安らげば安眠できるというもの。
そしてその良質な睡眠が心の安定、体の健康を生み出します。

寝ることを軽視してはいけません、重要。
正しい知識を持って、毎日の充実した睡眠を心がけてください。

関連記事

睡眠時間の平均はどのくらい?
睡眠時間は最低でも何時間必要か
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響
睡眠と寿命の関係
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠と枕の関係
隠れ不眠症チェック


1 2 3