睡眠 一覧

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となるか。

安眠グッズとは?

安眠グッズは頭や足に向けたものが多く、手用は少ない。
これは快眠における枕の重要性と足の冷え対策から来ている。

枕はいろいろな形状のものがあり、睡眠に大きく影響します。
人によってはオーダーメイドするほど。

足の安眠グッズは、ソックス、靴下、サポーターなど
履いて冷えを解消するもの。
もしくは足用の枕、クッションもある。

安眠の季節は?

眠りに適した季節は春と秋であり、夏は暑くて寝苦しく、
冬は寒いと寝付けません。

夏や冬こそが安眠グッズを最も活用できる季節。

夏ですと冷却系。
ひんやり感のあるタオルケット、マット、パッド、
シーツ、枕など。
昔ですと氷枕のように実際に水と氷で温度を下げる方法
でしたが、今では技術や製品開発が進化し、
素材の手触り感触や材質における原理で温度を下げます。

氷やジェル系の冷却材など使っていないのに、本当に
ひんやり感じられるのは熱帯夜にうれしい。

スプレー剤で体や寝具に吹きかけるものもあります。

プレゼントにも最適

安眠グッズは男性向けにも女性にもよい。
父の日や母の日、誕生日のプレゼントにも喜ばれる。

現代人で睡眠に悩む人は増えておりますし、誰しも
快眠できて満足しない人はいませんから、
自信を持ってプレゼントしてください。

マットや枕など寝具はサイズが大き目になる傾向があります。
それでもネット通販で注文すれば宅配で届きますので
問題ないでしょう。

インターネットにある睡眠グッズの専門店を活用したい。

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる

なかなか寝付けない、夜中何度も目が覚めるといった
睡眠に関するお悩みがあるかもしれません。

不眠症や睡眠障害など、入眠や中途覚醒の問題は
いろいろな問題があり特定するのは難しい。
メンタルにおけるストレスなど精神的な要因が
引き起こしていることは否定できません。

しかし意外な盲点が眠る環境や寝具。
これが合っていないと安眠妨害の要素になりえます。

枕や布団選びは慎重に行いたいですし、もし眠りに
お困りでしたら、気休めでも安眠グッズを試して
みてはいかがでしょうか。

それでよく寝れたなら、翌朝起きて快眠だったと思えるなら、
効果があったのです。

完全なる安眠環境というのもなかなか難しいものですが、
自分に合う合わないは少しの違いで変わってくるもの。
そういった研究の末に開発されたのが安眠グッズ。

一度でも安眠グッズで睡眠を取ることをおすすめします。
快眠となることが大いに期待できます。

関連記事

安眠音楽で入眠すれば快眠になる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


安眠音楽で入眠すれば快眠になる

安眠音楽で入眠すれば快眠になるので
おすすめです。

入眠時に睡眠音楽をBGMにする

夜、就寝予定時刻に部屋を暗くして、
ベッドの中にいるのに、モゾモゾと布団で落ち着かない、
寝付けないという日はありませんか?

入眠時になかなか睡眠状態に入れないのであれば、
導眠音楽を流すのも効果的。

大音量で周囲の騒音をマスキングするのもよいですが、
小さな音でBGMとしましょう。

睡眠用のBGMとしてはクラシックが定番ですが、
水のせせらぎ、雨の音などネイチャーサウンド、
癒し系ヒーリング系、環境音楽、ニューエイジ、
なども安眠音楽に向いています。

もちろん自分が好きな音楽を聞くのがリラックスの
秘訣ですので、ポップスやジャズなどでもよいでしょう。
但しいくら好きでもロック、テクノなど、
興奮してしまうようなアップテンポの音楽は不向きです。

うつ、不安症改善、ストレス解消にもよい

安眠音楽はCDやダウンロード販売で市販されています。

これらの音楽は同時に、うつ病や不安症の改善音楽
としても用いられます。
単純にリラックス効果、作業や仕事勉強が捗る集中効果もある。

寝る時間帯に限らず、日常的に聞いていれば、
心の安定と安らぎを得て、メンタルがよくなりストレス解消。
これは不眠症、睡眠障害、うつ病の予防改善にもよいですね。

もし音楽の入手が難しければ、YouTubeなどの動画サイトを
活用してみてはいかがでしょうか。
安眠音楽が無料で公開されています。

赤ちゃんの安眠音楽

小さなお子さんや乳幼児がいる家庭では、子供を
寝かしつけてもなかなか寝てくれない悩みもあるはず。

なぜか泣きわめいて治めるのも一苦労だったり。

赤ちゃんが寝る泣き止むといった音楽もあるという。
不思議な作用の理由は明らかではありませんが、
大人が睡眠用音楽などでリラックスするのと同じでしょう。

こちらもYouTubeにあるようです。

安眠快眠のためのヨガ体操

寝る少し前の時間帯に、これらの音楽に合わせて
ヨガやストレッチなど軽い体操的な運動してから
ベッドに入るのも安眠に向けて効果的。

適度な運動は快眠につながります。
血行促進、肩凝りや体のこわばりのほぐれ、
ストレス解消が見込まれるから。

特に昼間がデスクワークの方や、日頃の運動不足が
気になっている方は、夜の軽い体操で熟眠できるでしょう。

安眠音楽で入眠すれば快眠になる

音楽は人間の精神面に影響をもたらす効果が知られています。
マッサージサロンなどでBGMが流れているのはそのため。

眠りに入るには心と体がリラックスする必要がありますから
安眠音楽は睡眠にとてもよいのです。

睡眠BGMは入眠時にかけておくだけでなく、眠っている間
ずっと再生していても構いません。
そのほうがよく眠れるという人もいるでしょう。

安眠音楽で入眠すれば快眠になるということは事実ですから、
睡眠のためのBGMをぜひ実践してみてください。

関連記事

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


睡眠と枕の関係

睡眠において枕はとても重要な関係性があります。
合わない枕で寝ていると肩こり、不眠、いびき等の原因
になり、やがて不眠症につながることさえあるのです。

枕と頭、背骨の関係

人間は頭が重く、日中はその重量を体で支えている。
背骨、肩、首にかけてかなり力が入っています。
唯一、睡眠時に落ち着けることができるので、首にかかる
負担を休ませてあげることができる。

これには枕の高さや材質が重要。
高すぎても低すぎてもダメ。
固すぎても、柔らかすぎてもダメ。

枕は高さと質感で選ぶ

背骨が首の中を通り頭へつながっているわけですが、
その背骨の中には神経が走っています。

枕が高いと前方が、低いと反り返って後方の神経が圧迫
される格好になってしまう。この違いは微妙であり、
わずか数ミリでも影響は変わってしまう。

材質が硬ければ頭が反発され、柔らかいと沈み込んで低くなる。

枕を高さと質感で選ぶのは求められるのはこのため。
一般的には柔らかめの枕が安眠できると言われていますね、
おおよそ適切な位置で頭の沈み込みが止まるので。

枕が合っているか

枕が合っているかを判断する目安として、単純に朝起きたとき、
快眠した満足感があるかどうか。逆に首や肩に痛みや違和感を
感じるようなら早急に枕を交換することをおすすめします。

以外な盲点として朝起きたときに枕から頭が落ちていたり、
ズレていたら、合わなくて居心地が悪いから自ら落ちた可能性があります。

とにかく、日中、慢性的な肩凝りや首の痛み、偏頭痛、
全身の倦怠感、睡眠の不足感、不眠症など、健康な肉体や
精神面が損なわれている感覚が少しでもあれば、睡眠時の枕も
疑ってみてください。

夜中入眠中の、いびきが酷いと指摘される方も枕が合わず、
首の角度が無理に曲がり顎のあたりに負担があるのかもしれません。

枕なし睡眠法

枕無しで寝る睡眠法を唱える向きもあるようです。

首に負担がかからない姿勢をストレートネック
と言い、パソコンの画面を見ている首の角度に近い。
このストレートネックの人は枕なしが楽なことが多いという。

偏頭痛や肩凝りの方も枕なしが合うこともあるといいますが、
健康との因果関係はわかっておりません。

また、とある女優が首にシワを作らないために
枕なしにしているそうですがその効果や真偽も不明。

枕なし、と言いましてもバスタオルやタオルを重ねて枕とする方法
もあります。
枕よりタオルのほうが材質は柔らかくなり、高さも自在に調整可能。

デメリットは、うまく自分の頭の高さに合わせられるかどうか。
悪くはないですが専門家でもないのに自己判断するのは
一抹の不安も残ります。

枕を使うことで、ぐっすり寝れたという快眠の声があり、
医師の指導でも枕アリが基本ですから、枕無しのほうが眠れるという人は、
これまで使ってきた枕が合っていなかったのかもしれません。

正しい枕で快眠を

枕が合っていない可能性がある方は、起きたときに「快眠だった」、
「よく眠れた」と感じない人。あるいは、いびき、むくみ、偏頭痛、肩凝り、
などの症状で日常的にお悩みの方。

最近では、多種多様な枕が市販されており、快眠のための研究の結果
が集約されています。オーダーメイドの枕もあるくらい。

正しい枕を選ぶことで不眠症や睡眠障害も改善できる可能性があります。
活用すべく、いろいろな種類の枕を試してみましょう。
または複数を所有して使い分けるのもよいかもしれませんね。

関連記事

枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
睡眠時間の平均はどのくらい?季節・体調・年齢でも変化する睡眠時間
睡眠時間は最低でも何時間必要か?3時間睡眠のショートスリーパーでも仮眠してるかも
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


睡眠と寿命の関係。3時間睡眠で人間は死亡率が上がる

睡眠と寿命には関係があるのか。

睡眠時間が短いと長生きできないというのは本当でしょうか。

睡眠7時間前後

1日平均7時間前後睡眠を取っている人が最も寿命が長く、
7時間より睡眠時間が短い人々、逆に7時間を越えて長い人も寿命が短くなった
という調査結果がでています。

実際のところ、睡眠不足の翌日は何か頭が冴えなく体調も悪いですし、
長く寝すぎると満足感はありますが何かボーっとしてしまうということは誰にでも経験あると思います。

睡眠不足で寿命が短くなる

睡眠の役割として高次脳機能として記憶の再編成であったり、
肉体の細胞レベルでの治癒、成長ホルモンの分泌などがあり、
頭と体を休めて回復を図っている。

その回復、治癒がなされないということはダメージが残り、
蓄積されていくことになります。

単に疲れがたまるだけでなく、高血圧、肥満、ガンのリスクも高まるという説もありますので、
病気・大病に関して頑張りだけでは乗り切れません。
睡眠不足は病で寿命が短くなる潜在的リスクが潜んでいるとも言える。

毎日ほぼ同じ睡眠時間で

仮に平日の睡眠時間が短い人が週末に長時間睡眠をとる。
寝だめをすればよいのかと言えば、それも違います。

上記の通り、その日の疲労や治癒を行い、翌日の英気を養う。
これを毎日できなければ意味がありませんし、ダメージは溜めると週末には擦り切れてしまいそうになるでしょう。

睡眠不足が常態化すると、大病や、メンタルバランスの崩れ、うつ病にもなりかねません。

また、睡眠時間に著しく差があることは、毎日のリズムを崩し、
それが原因で不眠症につながっていくという点も指摘されています。

できるだけ毎日ほぼ同じ睡眠時間がよいのです。

理想の睡眠時間は6時間半~7時間半と言えそうですが、
やはり個人差が大きく、3時間で足りるショートスリーパーや10時間近く寝る人がいるのも事実。

7時間では長期的に不足していて、およそ8時間は必要であるという説もあります。

正しい睡眠時間の長さに結論はでませんが、とにかく長生きしたいならば
睡眠と寿命には関係性があることだけは知っておきましょう。

3時間睡眠で人間は死ぬ?死亡率が上がる

海外や日本国内の研究調査でも、睡眠約7時間の人々が最も死亡率が低く、
3時間睡眠の人々は死亡率が1.3倍高かいことがわかっています。

睡眠時間が長すぎるのも死亡リスクが増していくのですが、
とにかく短時間睡眠は危険。

3時間睡眠で人間は死ぬ可能性が高まると言えるでしょう。

関連記事

睡眠と枕の関係
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
睡眠時間の平均はどのくらい?季節・体調・年齢でも変化する睡眠時間
睡眠時間は最低でも何時間必要か?3時間睡眠のショートスリーパーでも仮眠してるかも
睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要


レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要

レム睡眠とノンレム睡眠の違いや特徴から、どうすれば熟睡して
快眠を得ることができるか解説いたします。

レム睡眠は浅い眠り

レム睡眠は浅い眠り。

このレムとはRapid Eye Movement, 通称REMなのでレム、
日本語では急速眼球運動ときの睡眠状態。

身体が眠っていて、脳は活動している。
眼球が動く以外、筋肉など弛緩状態にあって身体は動かない。

脳は覚醒状態であり、記憶の整理や再編成をしているとされます。
夢を見るのはこのレム睡眠時。

ノンレム睡眠は深い眠り

ノンレム睡眠は深い眠り。

脳が眠っていて、身体は起きている。
身体が起きていると言っても、動きだして活動するわけではなく、
体温、呼吸、脈拍、血圧は下がったまま安定、筋肉は動く状態。

ノンレム睡眠では体力を蓄えているとされる。

レム睡眠とノンレム睡眠の見分け方

近くやそばにいる人が、寝ている人のレム睡眠が分かるでしょうか。

周囲から、ぐっすり、すやすや寝入っているように見えるのは
ノンレム睡眠であり、無理に起こそうとしてもなかなか起きない。
仮に起こしても反応が鈍く、本人も自覚できず、寝ぼけてぼんやりしてしまう。

逆になんとなく起きそうな感じに見えるときはレム睡眠状態。

レム睡眠もノンレム睡眠も周期は90分ごとのサイクル

レム睡眠とノンレム睡眠は90分の周期を繰り返す。

90分のレム睡眠、次のノンレム睡眠90分、で3時間ワンセット。
このサイクルをもう一回繰り返して、6時間の睡眠で足りるとされています。

よって健康な睡眠には6時間が基本となりますが、
寝入ってから先に短いノンレム睡眠に入り、その次の深いノンレム睡眠から
90分ごとの周期が交互に繰り返され、全体で4~5回となることが平均的。

90分の4回、5回すなわち、6時間~7時間半前後が睡眠時間の目安になる。

すっきり目覚めるにはレム睡眠で起きる

ノンレム睡眠は4つの段階で深くなっていき、浅くなった後、
レム睡眠へ。

睡眠時間が90分や1時間半程度と短くても割と、すっきり目覚める
というのは、ノンレム睡眠、レム睡眠の切り替えのタイミングで
ちょうど意識が戻ったとき、と言われています。

1晩でレム睡眠を4、5回繰り返すのが一般的とされていますので、
やはり睡眠時間は6時間、7時間半前後が適切だと言えるでしょう。

ただ、切替のタイミングで起きるのも難しいもの。
必ずしも切り替わるときでなくても、浅い眠りであるレム睡眠のときは、
光や物音、寝苦しさなどで目が覚めやすいわけですから、
レム睡眠の間に起きればよいわけです。

逆にノンレム睡眠で無理に起こされると、すぐに頭が働かずボーっとしていて、
体も動かしにくいので、6時間以上の睡眠時間でも寝たりない気がしてしまう
かもしれません。

レム睡眠のときに起きるほうが、すっきりした目覚めに感じます。
目覚まし時計のアラームは寝る6時間後、7時間半後、9時間後を目安に
セットしてみてみましょう。
但し、最初の短いレム睡眠の分だけ誤差がでますので、
ご自身で気持ちよく目覚めるタイミングを調整して探してみてください。

レム睡眠が少ない?ノンレム睡眠を増やす方法は?

レム睡眠が少ないことに問題はありません。
それよりも深い眠りのノンレム睡眠を増やすべきです。

最初の短いレム睡眠の後から深いノンレム睡眠になります。
寝入った前半のほうが深く、サイクルと周期が進むにつれて、
浅くなっていきます。
よって朝方には目が覚めやすい。

3時間ほどの睡眠で足りるショートスリーパーは別としてましても、
5~6時間以下の睡眠でも快活な毎日を過ごしている人は、
この初期の睡眠が充実していると言えます。

7時間半程度の睡眠時間を取っている平均的な人であっても、
熟睡できたと感じたときは、ずっとよく寝れたというよりも、
最初に寝入ってからの3時間が深い眠りになっているのです。

ノンレム睡眠を増やす方法というよりも、一番最初のノンレム睡眠で
深く眠れるよう、意識してみてください。

熟睡して快眠を得るには寝つきをよくする

熟睡して快眠を得るには最初のノンレム睡眠で深く眠ること、
寝入りからの3時間で深く寝る必要があるわけですから、
寝つきをよくすることが大切。

体内時計を整えるように、起きる時間、寝る時間を毎日ほぼ同じにする。
朝や昼間に太陽の光を浴びるのも効果的。

適度な運動をし、昼間は仕事や勉強などを意欲的に活動的に過ごす。
ストレスも適度に解消しておく。

夜の時間帯は、スマホ、パソコン、テレビ、ゲームなど、
光の出るものや刺激的なものは減らしていき、
室内の照明も暗めにして落ち着いた環境にすると眠くなりやすくなります。

寝具や、寝る部屋の温度・湿度・音など、環境も整えておきましょう。

★快適な目覚めと体内時計を整える睡眠アイテム。
inti4(インティ4)光目覚まし時計の効果は?口コミと評判

関連記事

安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
睡眠と寿命の関係。3時間睡眠で人間は死亡率が上がる
睡眠と枕の関係
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
睡眠時間の平均はどのくらい?季節・体調・年齢でも変化する睡眠時間
睡眠時間は最低でも何時間必要か?3時間睡眠のショートスリーパーでも仮眠してるかも
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
隠れ不眠症チェック。隠れ不眠症の診断基準とは?


不眠症、うつ病の違いは?

不眠症と、うつ病に違いはあるのか。

眠れない状態が続いているのと、鬱な気持ちになるウツ病
について、病名と症状は異うことから無関係と思われがちですが、
実は密接な関係性があります。

不眠症

不眠症は毎晩眠れない、寝付けない、睡眠中に起きてしまう
といった症状が続き、肉体や精神に負担を感じるような症状。

睡眠の役割は肉体の休息を取っていると考えられがちですが、
それだけでなく記憶の整理に代表されるような高次脳機能の
修復や調整も行っている。

不眠が続きますと、脳の機能が不全をきたし、うつ病へ
つながることは大いにあり得ます。

安眠できない原因は、うつ傾向やストレスかも

そもそも安眠できない、朝起きたときに快眠した気がしない
ということは、たとえ睡眠時間が長くとも、良質で深い睡眠が
取れていない証拠。

単に病気で体に痛いところがあるとか、旅行や出張で
いつもと違う環境で寝ているとか、明日に多くの人の前で
プレゼンやスピーチする予定を控えているなど、
明らかにいつもと違う精神状態が原因とわかっていれば、
一時的なものなので問題ありません。

運動不足でも眠れませんから、ある夜寝れなくても不眠症
ではない。

しかし、明確な理由が自身でもわからないのに眠れない日々が
続いているという方は、自律神経失調症だったり、既に、
うつ傾向があるため、心の中の不安感、ストレスなど、
起きている活動時間において問題を抱えている可能性が高い。

slpy_man400

昼間うつ、夜は不眠のスパイラル

昼間に精神不安、うつ的な因子を抱え、それが原因になり
夜は不眠に。

不眠によって脳や精神が不安定で混乱をきたし、うつ病に
なっていく。

どちらの可能性もありますし、一旦、昼の自律神経失調症や、
夜の不眠症になると、お互いがお互いを加速させ、より症状が
深刻で重度になっていく危険性があるといわざるをえません。

うつで不眠に、不眠でうつに

不眠症ではないが、うつ病という人はあまりいないでしょう。
毎晩ぐっすり快眠していて、本人が睡眠に満足していて顔色や
表情もいいのに、うつというのは考えにくい。

良質な睡眠が充分とれていれば、脳機能や精神状態は安定し、
うつ病にはならない、なりにくいのです。

逆に、日常の悩み事は、こじらせてしまいますと、眠りに影響が
でてくるでしょう。たとえ小さな悩みでも長期間続けば
自分でも意識できない潜在意識下のマイクロストレス。

ストレスや悩みは早めに解消すること。
友人知人家族などに相談にのってもらったり、
何かの趣味や運動で発散しましょう。

不眠症、うつ病には関係がある

不眠症、睡眠障害のような症状が感じられたら、
その原因、要因の大部分は起きて活動している日常の時間帯にある、
ということを知っておくべき。

うつ的な精神状態は睡眠に悪影響をおよぼすので、
不眠症とうつ病は関係があるのです。

関連記事

不眠症となる原因は主にストレス。他にもスマホ、カフェイン、酒に注意
不眠症の症状を気にしないことも大事。中年や高齢者は中途覚醒が増える
不眠症を改善する自力で治すなら運動、飲み物、規則正しい生活を送る
隠れ不眠症チェック。隠れ不眠症の診断基準とは?
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
睡眠障害の危険性とリスク。不眠症、睡眠時無呼吸症候群、夢遊病は危険
不眠症で薬を使わない治療法はあるか


不眠症で薬を使わない治療法はあるか

不眠症でも薬を使わないで治療してほしいと考えるのはもっともであり、
間違った考え方ではありません。

どんな病でも薬に頼らず治せるのは理想的なかたちではあります。

不眠症の薬

眠れない症状が不眠症の病気だと医師に診断された場合は、
問診やカウンセリングに始まり、重度だと精神安定薬や
睡眠導入剤を処方されることになります。

お薬と言いましても、効果もそこそこだが、副作用はほとんど無い
といった軽い薬もありますので、使わずに済むところをあえて使う
という治療法。
断るか否か、その辺は医師との相談になります。

患者がどうしても薬は使いたくないと言えば、
先生もその意向を汲み取ってくれるはず。

不眠症の原因

不眠症の原因として肉体的、精神的、主に2つの要因があります。

体の場合は、運動不足だったり、実際の病気で体に痛みがあったり。
空腹でも満腹すぎもよくない。
体温にかかわる部屋の室温や寝具としての布団ベットマット、
掛け布団、枕、寝間着なども重視してください。

生活習慣を正したり、体の問題は睡眠外来以外の病院で診察も
受けましょう。

メンタルの問題

むしろメンタルの問題が多いかもしれません。

睡眠不足、睡眠障害は、ストレスや、うつ、が原因だったり、
逆に引き起こしたりと密接な要因になりえます。

重度の場合は心療内科、精神科でカウンセリングの必要があるでしょう。
診察や相談などメンタルカウンセリングで改善の傾向があれば
お薬は不要です。

ストレス解消の重要性

さて、不眠症の予防法や事前の対策ですが、なるべく正常な精神状態と
思えている方でも悩みはつきない現代です、ストレスを溜め込まないように、
早めに解消する、低減するように心がけましょう。

普段から疲れが取れなかったり、慢性的にダルかったり、
イライラしていたり、怒りっぽかったら要注意。

体を動かし、何らかの趣味を持つ。
自分が楽しめればどんなことでもよいです、没頭できる何か。
とにかく発散できることを1週間の中でこまめに入れていく。

適度な運動はよいですね、心地よい疲れとともに良質な睡眠を得られますし。

但し、酒やギャンブルなど悪い方向へ陥ってしまいがちな趣味や
習慣は避けたいもの。

薬を使わないで不眠症を治療

以上が薬を使わないで不眠症を治療するコツでしたが、
仮にも睡眠の件で医師にお薬を提案されたり処方された場合、
それはプロの判断ですので服用したほうが改善に向かう可能性が
高いことをお伝えしておきます。

副作用がほとんどなく、痛み止め程度の誰でも使うお薬や、
簡単な精神安定剤のようなお薬もあるのでご安心ください。

薬による治療だから必ずしも悪というわけでなく、一時的にでも
薬を使ったほうが改善に効果があり、早期治療完了できる可能性も
あるのですから。

不眠症改善のサプリメント

不眠症、睡眠障害、うつ症状に対して有効性のあるとされる
サプリメントが市販されています。
これらは栄養補助食品ですので食べ物。副作用の心配はありません。

古来の昔の人達はハーブの植物などで頭痛の緩和や痛み止め、
下痢や便秘なども解消してきました。
同様にして自然由来の成分で体調が改善するのも事実。
眠りの問題も解決に向かう。

薬とサプリメントは大きく違います。
不眠症改善のサプリメントを活用することは、薬を使わない治療法
としてはとても有効な方法だと捉え、活用することをおすすめします。

薬を服用するのはサプリメントを試した後でも遅くはないかもしれません。

関連記事

ストレス・不眠症・睡眠障害で薬を使わない治療法は?
不眠症を改善する自力で治すなら運動、飲み物、規則正しい生活を送る
不眠症のためのサプリメント
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
不眠症の症状を気にしないことも大事。中年や高齢者は中途覚醒が増える
隠れ不眠症チェック。隠れ不眠症の診断基準とは?
不眠症となる原因は主にストレス。他にもスマホ、カフェイン、酒に注意
不眠症、うつ病の違いは?
睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題


安眠で快眠できる方法とコツ

安眠できる、快眠できる方法には何かコツがあるのでしょうか。
良質な睡眠には体調やメンタル状態が大きく関係するものの、
少しの工夫でぐっすり眠れ、熟眠できることがあります。

安眠快眠のための環境

安眠するためには、まず寝る部屋の環境を整えること。

静かな部屋であること。まず騒音は排除しましょう。
大きな音は当然としても、小さな音でも気になることはあります。
例えば室内のエアコンや冷蔵庫、室外では遠くを走る車や電車。

入眠時にはリラックスのための安眠音楽をかけておくのも
マスキング効果があります。

部屋の明るさを真っ暗もしくは最低でも薄暗くする。
足元の間接照明でもよいでしょう。

睡眠ホルモンであるメラトニンが暗い環境で分泌され
明るい状況で分泌されなくなるので、入眠や深い睡眠と
部屋の明るさには関係性が極めて高いのです。
寝る直前のスマホ・パソコン・テレビはブルーライトで
目が光を浴びて眩しく導眠、入眠によくありません。

室温、湿度なども睡眠状態に関係してきます。
季節的に春や秋はよく眠れるでしょう?
まさに春眠暁を覚えず、です。

暑い夏、寒い冬など室温調整のエアコンを使いつつ、
ベッド、マット、敷布団、掛け布団、寝間着パジャマも
体温に適したものを用意しましょう。

寝具としての布団、枕、マットの種類や高さ大きさも大切。
人によってはオーダーメイドするほどこだわっています。
それだけ安眠快眠に関係してくるということの証明。

安眠のための行動パターン作り

できるだけ同じ場所、部屋、環境、体制、衣服格好、時間帯など、
睡眠に関する条件を毎晩同一に保って寝ることが快眠のコツ。
つまりそれは安眠できる環境、状況なのです。

同じことを繰り返す人間の習慣・習性にも合致しますし、
一定の体内リズム、体内時計を整える意味もあります。
睡眠も1日の中の行動パターンに入れてしまえばよいのです。

例えば旅行や出張の宿泊先でなかなか眠れない経験は
誰にでもあるはず。
つまり人間は慣れた環境で安心するのです。

逆に旅行先でぐっすり眠れたとすれば、よく歩いて運動不足解消、
食べて満腹、楽しんでストレス解消といった要因でしょうか。
あるいは自然に囲まれた環境でリラックスしたとか。

快眠のコツは?

快眠はどちらかというと肉体面、体の調子や精神状況が関係します。

ぐっすりスヤスヤ寝入る状態は上記の安眠の体制も整えつつ、
体としては、病気などの具体的な痛みがあってはいけません。
健康体の人でもエネルギーが余っているのもよくないので
適度な運動を。

基本的に食事をしっかり食べ、快便の毎日が理想。
便秘だとお腹が苦しくなり気になり安眠を妨げます。
空腹は寝れなくなりがち。
しかし満腹でも惰眠になりがちでよくはない。

朝は早起き、朝方生活が安眠快眠には理想ですね。
昼寝は15時頃まで、しかも15分以下に留めおきたい。
間違っても夕方以降の仮眠やうたた寝も避けるべき。
帰宅時の電車の中で寝てはいけないのです。

メンタル要因と快眠の関係

メンタル面は、もっと重要でありながら複雑。
難しい問題に直面していたり、大きなストレスを抱えていたり、
知らずに悩みが続くマイクロストレスも心の不安定を生み出してしまう。

重度の精神的ストレスや混乱は、心療内科や精神科など
医師に相談することが必要になりますが、
通常であれば日中に仕事や勉強や家事や趣味などに
積極的な行動で快活に活動し、適度な運動などすれば
問題ありません。

とにかく楽しい毎日、充実感を感じられる日中の活動
をすればよいのです。

それでも駄目ならば睡眠障害や不眠症の可能性も
考えてみましょう。

快眠のコツはオンとオフの切り替え

快眠のコツは、つまり普通の1日を過ごすだけ。
朝から夕方までがオンで、夕方から夜がオフと切り替える。

朝早く起きて、昼間は積極的に活動する。
夜は風呂でぬるめの湯に浸かり、ストレッチなどすれば、
暗い部屋で自然と眠たくなり、知らずに入眠へ。
これで快眠できるでしょう。

夜間にうまく入眠へと向かうコツとして、
2時間くらい早めの就寝準備をして刺激的なことは避ける。
インターネット、スマホ、テレビに注意。
興奮しすぎない程度に楽しいことを思い出したり
考えるようにして、ゆったりとした気分で
灯りを暗めにした静かな寝室で過ごす。

この流れが安眠で快眠できる方法とコツだと言えます。

★快適な目覚めと体内時計を整える睡眠アイテム。
inti4(インティ4)光目覚まし時計の効果は?口コミと評判

関連記事

安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?


安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?

安眠と快眠の違いは何でしょうか?

安眠と快眠はほぼ同じ意味で使われており、
睡眠に関する言葉としては大差はありませんが、
微妙にニュアンスが異なります。

あえてその違いや意味するところを考えてみましょう。

安眠とは?

安眠とは安心して眠れること。

外界環境の問題がなく穏やかに眠れる状況。
騒音が無く静かで、外的に襲われないような場所で
安心して寝るという意味。安らかに眠る様子。

うるさくて安眠できない、という表現はまさにそう。
眠りを邪魔するような気になる音や大音量があって
寝れないのでしょう。

よく聞く「安眠妨害」というのは眠りを妨げられた
という意味。

快眠とは?

快眠とは快く眠れた、ぐっすり眠れた、気持ちよく寝れた
という意味。

比較的、自分でも「昨夜は快眠できたー」と発言したり
他人からも快眠という言葉を聞いたことありませんか?

熟眠とも言います。

快便、快感のようなもので肉体的にも精神的にも
良質な眠りが得られたというような意味でとればよいでしょう。

永眠

安らかに眠るという意味の言葉は安眠というわけですが、
亡くなった方の様子を安らかに眠れ・・・と表現する
こともあります。
それは意味が異なります、永眠です。

一般的に安眠の意味は、生きてる人間が安らかに寝る眠る、
という睡眠の様子を表す言葉。

不眠症や睡眠障害との関係

不眠症や睡眠障害で眠りに関して問題を抱えている、
病気の症状として悩んでいる場合などは、
必ずしも安眠快眠の対極に位置していません。

普通の眠りや一般的な睡眠に対して、
上に位置してポジティブ要素なのが快眠と安眠であり、
下に位置してネガティブ要素なのが不眠症や睡眠障害
と言えるでしょう。

すなわち睡眠に関して問題がある人は、安眠快眠より
前段階として、普通に眠れるようになる必要がある
という意味。

毎日の睡眠が一定の人にこそ、安心して眠れる安眠、
ぐっすり眠れて起きて肉体的満足や充実感いっぱいを
感じる快眠があるわけです。

安眠と快眠の違いは?

安眠も快眠も、よく眠れたという意味ですから、
睡眠に対するポジティブワードとして、
どちらを使っても問題はないでしょう。

あえて区別するなら安眠は寝るときの環境確保の
意味が大きいかもしれません。
静かで暗い場所に室温や湿度が適正で、
寝具も整っているならなら眠りには最高のよい状況ですね。
安眠できる。

睡眠時間が長かったのに疲れがとれていない、
なんだか寝足りない気がするという人は、
何らかの安眠妨害となる要因があったのでしょう。
「よく寝れなかった」とか、「安眠できなかった」と
言うかもしれませんが、「快眠できなかった」とは
あまり言いませんね。

快眠はぐっすり眠れたという肉体的な満足。
「昨夜は快眠だった」と言いますね。
寝て起きた後の感想が意味合いとしては近い。
よく寝た、という体や心の感覚は快眠の意味で使う。

★快適な目覚めと体内時計を整える睡眠アイテム。
inti4(インティ4)光目覚まし時計の効果は?口コミと評判

関連記事

安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?


睡眠障害の原因はストレスが大きい。寝る直前までのスマホにも注意

睡眠障害の原因となるものは何でしょうか。

自分自身ではなかなか自覚しにくい睡眠障害の原因を考えてみます。

睡眠障害の原因はストレスが大きい

睡眠障害については、日中の興奮や日常のストレスが原因になっている
ことが多いといわれます。
具体的には仕事上の問題や人間関係など。

人間は昼間の活動時間には交感神経が優位で、これが副交感神経に切り替わると
落ち着いて眠るようになります。

ストレスが大きいと、夜の寝る時間帯になっても、あるいは夜中も、
交感神経が優位になったままで、なかなか眠れないのです。

スマホも睡眠障害の原因になる

寝る直前までスマホを見ているのではないでしょうか。
スマホを持って布団に入る。

人間は光を浴びると体内時計が昼や活動時間だと認識します。
特に目が光りを見れば余計です。
ブルーライトという言葉も聞いたことがあるかもしれません。

さらに多くの情報を得て脳が興奮状態になっていくので、
交感神経が優位になり、とても眠れる状態ではありません。

スマートフォンが不眠症、睡眠障害の原因になることを知っておきましょう。

夜間にかけてストレスを減らす

睡眠障害や不眠症を改善するにはどうすればよいでしょうか。

できる限り規則正しい生活サイクルを守り、こまめにストレス解消、
適度な運動をする。
これでやがて眠れるようになっていきます。

夕方から夜間にかけて、刺激的な食べ物、飲み物、テレビやパソコン、
ゲーム、スマートフォンも控えましょう。

とにかくリラックスすることを心がけて、夜間にかけてストレスを減らすのです。

睡眠中の異常行動

寝入ってる間に異常に体を動かしたりする場合も睡眠障害。
精神面のことも懸念されますが、単純に体に不調は無いでしょうか。
身体検査、健康診断を改めて行ってください。
持病や実際の体の痛みが伴うとわずかな感覚でも健やかに寝れない可能性があります。
腰痛や関節痛、虫歯などあらゆる痛みや体の異変に注意。

睡眠時無呼吸症候群のような大きないびきや無呼吸などを
引き起こす原因は肥満、血圧、顎骨の形などが原因という説が有力。
まずは医師の診察や検査を受けることが肝心。

メンタルヘルスが睡眠障害の原因になる

上記のような点に留意しても、改善が見られない場合、もしかすると
メンタルに問題を抱えていることを否めません。
メンタルヘルスに異常をきたしている。
この場合は少しばかり深刻である可能性もあります。

何かずっと悩んでいることはありませんか?潜在的に定着してしまうと、
マイクロストレスのように自覚しないままのストレスとなります。

幼少期からのトラウマ、PTSD心的外傷後ストレス障害のような
心の傷があなたを異常へと駆り立てていることもありえる。

精神面の問題については、心療内科もしくは精神科へ。
メンタルクリニックにあまり気が向かなければ、ひとまず内科もしくは
睡眠の問題も扱うクリニックで医師に相談しましょう。

簡単な問診およびカウンセリングで改善することもありますし、
何よりも睡眠障害の原因が判明するかもしれません。

関連記事

睡眠障害の危険性とリスク。不眠症、睡眠時無呼吸症候群、夢遊病は危険
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
不眠症となる原因は主にストレス。他にもスマホ、カフェイン、酒に注意
睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題
慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク
隠れ不眠症チェック。隠れ不眠症の診断基準とは?
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要
安眠で快眠できる方法とコツ


1 2 3