一覧

快眠できる室内の適切な温度や湿度は?

快眠できる室内の適切な温度や湿度は
どのくらいの設定がよいのでしょうか。

快眠できる室温

室温というのは一般的に27℃前後を示していますが、
寝苦しい夏場や寒くて冷えを感じる冬など季節でも
かなり違ってきます。

寝るのに心地よい室温は22℃、夏なら25℃くらいが適温でしょう。

これにはエアコンで室内温度調整するのはもちろんのこと、
布団やタオルケットなど寝具およびパジャマなど寝間着での
体温調整も肝心なこと。

さらに赤ちゃんは自分で体温調整できませんので、
常に快適な室温を維持しつつ、赤ちゃんの様子を見て暑がって
いないか、寒がっていないか判断することも必要。

快眠できる湿度

快適な湿度40~60%くらい。

夏場は寝汗をかきやすいので布団の中の湿度が異常に
あがります。
タオルケット1枚で寝ても充分ですし、室温をやや低めに
設定することで快適さも増すでしょう。

冬場は空気が乾燥しており、室内は暖房器具によっては、
さらに湿度が下がりやすい。
加湿器をうまく活用することで快適な湿度を保てます。

しかしご自宅の構造や材質によっては、カビが増えたり
木造の木が腐ることもありますので多用は控えたほうが
よいかもしれません。
大抵の日本家屋の一軒家やマンションは、室内で一定の湿度が
保たれるように設計されているものです。

頭寒足熱

頭寒足熱という言葉があります。
頭を冷やして、足を暖かくするという意味。
足は冷え性になりやすく、頭は暑くすると判断力が鈍ります。

夏場の睡眠中は掛け布団なしで寝る人もいるかもしれませんが、
薄いタオルケットを腹から足にかけての下半身にかけておけば
快眠できるでしょう。
ひんやりマット、ひんやりタオルケットなど冷却タイプの
夏の安眠グッズが市販されていますから活用するのも
よいアイデア。

冬場はどんなに寒くても頭部だけは布団から出して寝るように。
呼吸できず窒息する恐れもありますが、頭は冷やすことを
思い出してください。

快眠できる室内の適切な温度や湿度は?

快眠できる室内の適切な温度は22℃前後、湿度は
そこまで気にしなくてよい。調整できるならば
湿度50%前後とする。

安眠には睡眠時の周囲の環境、室内の状態が大きく関係します。
健康で肉体やメンタルに何の問題も無い人であっても
よく寝れない日々が続くとやがて不眠症や睡眠障害になりかねません
ので軽視してはいけません。

快眠するのに必要な室内環境の要素はいくつかありますが、
入眠時の寝つきが悪かったり、夜中何度も目が覚めたり、
朝起きてよく寝れなかったなあと感じたときには、
室内の温度や湿度設定について改めて見直してみましょう。

関連記事

安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要

枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要なもの。

枕と睡眠グッズ

枕といえば頭のクッションとなるものですが、
睡眠中の足用の枕や、全身での抱き枕、
飛行機や新幹線や車の中で座って使う枕もあります。

睡眠グッズとしてはベッド、マット、布団、
アイマスク、目覚まし時計など、いろいろあるものの、
枕は基本中の基本。

それだけ睡眠時における枕は必要不可欠で安眠快眠
に影響が大きいアイテムなのです。
人によってはオーダーメイドして自分専用の枕を
作らせているほどのこだわりを持っている。
安眠にはそれだけの価値があるのです。

快眠グッズとしての枕の種類

快眠グッズとしての枕の例を挙げます。

夏場はひんやり枕。氷枕とは違って、材質の触感や
素材の働きで熱を奪い温度を下げる最新技術の枕。

抱き枕を気に入るかは使う人によりけりですので、やや注意。
抱いて寝ればふわふわした感触で気持ちがよいでしょうが、
抱き枕の存在自体を不愉快に思ってしまう人もいるとか。

輪っか、U字になったエアー枕、クッション枕は、
飛行機のフライトや新幹線、長距離ドライブの車中
の座席で使う枕。
これも確かに頭が楽で寝れる人もいる反面、
全員が合うわけではないようです。

睡眠グッズの購入方法

睡眠グッズは専門店がネット通販にあります。
実店舗に買いに出かけるのもよいですが、
なかなか無いでしょう。

スマホやパソコンから注文するのが簡単で早い。
宅配で自宅まで運んでくれます。

睡眠グッズはプレゼントにも最適ですので、
喜ばれることでしょう。男女関係ありませんし、
父の日、母の日、誕生日など記念日を選びません。

枕は安眠快眠のための睡眠グッズ

寝具としての枕は、高さやサイズなどを慎重に選ぶ
べきで、素材によって柔らかさも変わります。

頭は体の中でも重い部位にも関わらず、立った姿勢では、
背骨だけで支えています。
それを休ませるのが睡眠時。

寝ている間は背骨が真っすぐになるとよい。
枕の素材も頭に硬い接触はよくない。

つまり柔らかく高すぎない枕で寝ることで
昼間の活動時における負荷が解消され、ぐっすり眠れる
ということになります。

逆に、朝起きて、頭が枕から落ちていたら要注意のサイン
とも言えます。
睡眠中の頭の向きや負荷具合がよくなかった可能性がある。

枕は安眠快眠のための睡眠グッズで間違いありませんから、
睡眠時間はきちんと確保しているのに、快眠した感覚が無い
なあと感じている方や、日頃から肩凝り、偏頭痛が続いている
という方などは、一度、お使いの枕を変えてみることを
ご提案させていただきます。

関連記事

睡眠と枕の関係
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となるか。

安眠グッズとは?

安眠グッズは頭や足に向けたものが多く、手用は少ない。
これは快眠における枕の重要性と足の冷え対策から来ている。

枕はいろいろな形状のものがあり、睡眠に大きく影響します。
人によってはオーダーメイドするほど。

足の安眠グッズは、ソックス、靴下、サポーターなど
履いて冷えを解消するもの。
もしくは足用の枕、クッションもある。

安眠の季節は?

眠りに適した季節は春と秋であり、夏は暑くて寝苦しく、
冬は寒いと寝付けません。

夏や冬こそが安眠グッズを最も活用できる季節。

夏ですと冷却系。
ひんやり感のあるタオルケット、マット、パッド、
シーツ、枕など。
昔ですと氷枕のように実際に水と氷で温度を下げる方法
でしたが、今では技術や製品開発が進化し、
素材の手触り感触や材質における原理で温度を下げます。

氷やジェル系の冷却材など使っていないのに、本当に
ひんやり感じられるのは熱帯夜にうれしい。

スプレー剤で体や寝具に吹きかけるものもあります。

プレゼントにも最適

安眠グッズは男性向けにも女性にもよい。
父の日や母の日、誕生日のプレゼントにも喜ばれる。

現代人で睡眠に悩む人は増えておりますし、誰しも
快眠できて満足しない人はいませんから、
自信を持ってプレゼントしてください。

マットや枕など寝具はサイズが大き目になる傾向があります。
それでもネット通販で注文すれば宅配で届きますので
問題ないでしょう。

インターネットにある睡眠グッズの専門店を活用したい。

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる

なかなか寝付けない、夜中何度も目が覚めるといった
睡眠に関するお悩みがあるかもしれません。

不眠症や睡眠障害など、入眠や中途覚醒の問題は
いろいろな問題があり特定するのは難しい。
メンタルにおけるストレスなど精神的な要因が
引き起こしていることは否定できません。

しかし意外な盲点が眠る環境や寝具。
これが合っていないと安眠妨害の要素になりえます。

枕や布団選びは慎重に行いたいですし、もし眠りに
お困りでしたら、気休めでも安眠グッズを試して
みてはいかがでしょうか。

それでよく寝れたなら、翌朝起きて快眠だったと思えるなら、
効果があったのです。

完全なる安眠環境というのもなかなか難しいものですが、
自分に合う合わないは少しの違いで変わってくるもの。
そういった研究の末に開発されたのが安眠グッズ。

一度でも安眠グッズで睡眠を取ることをおすすめします。
快眠となることが大いに期待できます。

関連記事

安眠音楽で入眠すれば快眠になる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?