安眠快眠の方法とコツ 一覧

簡単に深い眠りにつく方法はある?深く眠るための工夫

簡単に深い眠りにつく方法はあるのでしょうか。

簡単に深い眠りにつく方法とその工夫

深い眠りにつく方法は、割と簡単にできるものがありますが、その原理を知っておく必要があります。

人間は活動している昼間の体温が高く、寝ている間の体温は低くなっています。
入眠時には体温を下げるような動きがあり、睡眠自体も体温を下げているとされる。
よって、体温が下がる動きがあると眠くなり、簡単に深い眠りにつける。

簡単に深い眠りにつく具体的な方法と、その工夫としては、寝る予定時刻の数時間前から、徐々に部屋を暗くしたり、テレビやスマホを見るのを止めて興奮を避けるようにする。
人間は興奮すると自律神経が活発になり、体温も上がるのです。

また、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるなどの入浴で一度体温を上げることで、風呂上りからしばらくして体温が下がる状況を利用する。このタイミングで布団に入ると寝入りやすい。
合わせてリラックス効果にもなりますのでよい方法と言えます。

ぐっすり眠る方法としての飲み物はある?


ぐっすり眠る方法として飲み物、ドリンクも簡単に深い眠りにつく方法にできます。

寝る1時間前かもう少し前にホットミルクなどの暖かいドリンクを飲むのが有効。
これも体温を上げてから下げることになりますし、リラックス効果も得られる。
甘いホットココアなどもよいかもしれません。

但しコーヒーのようにカフェインを含む飲み物は絶対に避けること。
逆効果で眠れなくなってしまいます。

酒などのアルコールは寝付きをよくしますが、中途覚醒につながり睡眠の質を下げると言われています。
海外ではナイトキャップと呼ばれて一般的ですが、寝る前の寝酒や夕飯時の晩酌はなるべくしないようにし、やむを得ない場合は量を少なく控えめにしましょう。

安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ

体を冷やして体温を下げる方法

単純に体を冷やすことでも入眠がよくなる場合があります。

先にご説明しました昼間の活動時間帯と睡眠中の体温差についてもそうですが、大抵、寝れない夜は考え事をしてしまっています。このことで大脳も興奮して余計に体温が上がっている。

そんなときは氷枕やアイスノン、冷えピタなどの冷却ジェルシートを使うことで、物理的に頭の温度を下げてあげると入眠できる。

あるいは、あまりに体全体が火照って眠れない場合は、部屋を冷房で適度に冷やすことで落ち着き、やがて入眠できることもあるという。

いずれの方法も簡単に深い眠りにつく方法ではありますが、これらは物理的な方法であり、刺激が強すぎるとかえって逆効果になったり健康を損ねることもありますので、適度に冷やすこと。
あるいは一度この入眠方法をやってみて眠れなければ、ご自身の体質やその日の体調に合っていないので止めるようにしましょう。

アリス式睡眠法で簡単に深い眠りにつく

アリス式睡眠法とはSNSのTwitterで話題になった睡眠法だという。
寝付きがよくなると話題になり何万回もリツイートされたとか。

簡単に深い眠りにつく方法とも言えます。

<アリス式睡眠法>
1)布団の上であぐらをかく。
2)目を閉じ、呼吸を眠っている時くらいにゆっくりする。
3)何も考えないようにする
20秒以内に何か映像が現れる。もしくは何かのキャラクターを一瞬思い浮かべる
4)無意識に現れた映像を見続ける
5)半分寝ていたような状態になったらゆっくり布団へ入る
6)布団の中で横になって1~5を繰り返す

米軍式2分で寝れる、すぐ寝る方法で簡単に深い眠りにつく

米軍で行ってるという「2分で眠りにつく方法」も簡単に深い眠りにつく方法かもしれません。

<米軍式 2分で眠りにつく方法>
ベッドに横になり顔の筋肉をリラックス
体をリラックス(肩を下げて腕の力を抜く)
深呼吸する(ゆっくり息を吐く)
10秒かけて頭の中を空っぽにする
次のようなイメージを浮かべる
─ 静かな湖に浮かぶ小舟に横たわる自分
─ 暗い部屋の中で黒いベルベットのハンモックで寝ている
「何も考えない、何も考えない、何も考えない、」と10秒自分に言い聞かせる

安眠と快眠の違い


安眠とは安心して眠れることであり、快眠とは快く眠れた、ぐっすり眠れたという意味。

似ているようですが、違いはあります。
安眠できる環境を整えて、ぐっすり眠れれば快眠できたと言えます。

快眠をするためには、スムーズに入眠へ入り深い眠りにつくことが必要になります。

安眠できる環境を整えてから、本記事でご紹介したような入眠法を実践することで深い眠りについて快眠できると言えます。

安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?

睡眠障害と不眠症の違い


眠れない不眠の問題が不眠症であり、布団に入っても30分以上寝付けないという入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒、深く眠ることができない熟眠障害などがある。

睡眠障害は不眠症も含め、寝れないことがさらに拡大して、うつ病などのメンタルヘルスの問題となったり、睡眠中の異常行動なども含む大きな障害を意味します。

ストレスや環境の変化などが原因となる一時的な不眠症や睡眠障害は健康な方にも珍しくない現象であり、病気ではありません。

簡単に深い眠りにつけなくても、やがて眠りに落ちていたり、別の日でもよいので、ぐっすり深く眠る日があれば問題ありません。

睡眠障害と不眠症の違い。寝不足が続くと鬱症状にもなり深刻な問題

関連記事

安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
安眠のためのアロマオイルで快眠
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要
睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
不眠症で薬を使わない治療法はあるか


安眠のためのアロマオイルで快眠

安眠のためのアロマオイルで快眠となる方法について。

安眠のためのアロマオイル

安眠の効果効能があるアロマもありますが導眠剤ではありません。

アロマオイルと睡眠の関係については、
高ぶる神経を落ち着かせ、リラックスさせるものを選ぶとよい。

ラベンダー

ラベンダーはヨーロッパ地中界を中心に生息する紫色の花。

疲労緩和の沐浴材や、関節痛および筋肉痛の緩和薬として
用いられていました。

神経系統の鎮静効果についてはその効果が現代科学でも
実験によって証明されています。

香りのよさからのリラックス効果はまさに鎮静作用ですが、
薬効としてのストレス、偏頭痛、めまい、不安症、
不眠の改善に期待がもてます。

ラベンダーのハーブは安眠のために、まず用意したい。

ローマンカモミール

ローマンカモミールは、ヨーロッパやアフリカにある
多年草で、薬効ハーブとして活用されてきました。

ハーブとしては林檎のような香りとなり鎮静効果が代表的。
偏頭痛や筋肉痛、歯が痛いときにも使えます。

不眠解消効果、そして不安解消、消化不良にもよい。

ローマンカモミールのアロマを使えば、体調を整え、
ストレス解消となり、ぐっすり快眠できるでしょう。

オレンジ・スイート

オレンジ・スイートは、果物のオレンジ。

スイートとビターとありますが、スイートは文字通り甘い香り。

リラックス効果、ストレス解消、エネルギーや活力アップ、
食欲増進、胃腸の働き改善、お肌(皮膚)もよくするとされます。

安眠のためのアロマオイルで快眠

安眠のためには睡眠をするにあたっての環境が
とても大きく影響します。

室内の温度、湿度、騒音などもそうですが、
不快なニオイがすれば眠れず、目も覚めてしまう。

匂いは精神面、肉体面に影響を及ぼします。
ハーブの香りをうまく活用すればリラックス効果とともに
安眠快眠は間違いなし。

不眠症や睡眠障害の方は、入眠時や睡眠中にもそうですが、日常的に
アロマを使う習慣を持てば、精神的な安定や肉体のリラックスを得て、
症状の改善にもつながることが期待できます。
うつ病の方にもお試しいただきたい。

安眠のためのアロマオイルで快眠を実現しましょう。

関連記事

簡単に深い眠りにつく方法はある?深く眠るための工夫
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


安眠のためのツボ押しで快眠へ

安眠のためのツボを押して、毎晩の睡眠を快眠へと導きましょう。

安眠

耳の後ろ裏側にある骨の盛り上がったでっぱり部分と、
後ろ髪の生え際うなじとの間付近にあるのが、
「安眠」というツボ。

ツボ押しすることで快眠につながります。
また、押したときに痛みや硬さがあれば睡眠不足、
熟眠できていないことを示唆しています。

失眠

足の裏の後方部、ふくらんだ中央にあるのが
「失眠」という安眠のツボ。

縦は足先からかかとまでと捉え、横軸はくるぶし
としたときにクロスした付近になります。

眠りに関するツボであり、精神状態や肉体面に
関係なく、眠れない、眠りたいというときに
ツボ押ししてください。

安眠には失眠です。

少衡

手の小指爪のすぐ下の付近。左右どちらの手もある。
「少衡(しょうしょう)」というストレス対策のツボ。

入眠時に限らず、普段からイライラする、ストレスを
感じるときに、この少衡をツボ押しすることで、
気持ちが落ち着くはずです。

不眠症・睡眠障害によい。

ツボの押し方

ツボの押しの方法ですが、親指で押すのが基本。
そんなに強力な圧力をかける必要はありませんが、
刺激が足りない感じがして、もっと強く刺激したいのであれば
ツボ押し専用の棒を活用しましょう。

しかし強い刺激を与えればよいというものでもない。
あまり強くしすぎると痛めてしまうかもしれませんので、
注意したい。

指1本で刺激が強ければ指3本で刺激する、
人差し指、中指、薬指で。

揉んでもよい。
ツボの付近に対して何らかの刺激を与えればよいのです。

赤ちゃんの安眠に効くツボ

赤ちゃんにもツボ押しは効果あります。
小さな体ですが、大人と同じ構造。
ご紹介した上記のツボを刺激してあげてください。

しかし体は小さく弱く柔らかいですので、大人と同じ感覚で
押してはいけません、強すぎます、危険。

優しく、弱すぎるくらい、少し揉むか撫でるくらい
の押し方で充分。

もし赤ちゃんが怖がったり、痛がって泣き出すようなら、
すぐに中止してください。嫌がるのに無理矢理やることでは
ありません。

話かけながら、体をさすりながら、さりげなく
ツボ押ししてあげるのがよいでしょう。

安眠のためのツボ押しで快眠へ

誰でも眠れない夜はあるもの。
少し寝れないくらいで不眠症ではありません。

発表会や会議でのプレゼン、スピーチ、試験や面接の
前夜なども興奮して寝れないかもしれません。
楽しいことも興奮しますね、旅行や欲しいものが手に入るとか。

悪いことに関しては余計に眠れなくなります。
悩みやストレスがあって寝つきが悪かったり、
夜中何度も目が覚めたり。

そんなときに安眠のツボをお試しください。

もちろん睡眠に問題がなく、毎日快眠の方にとっても、
安眠のためのツボ押しは有効です。

関連記事

簡単に深い眠りにつく方法はある?深く眠るための工夫
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となるか。

安眠グッズとは?

安眠グッズは頭や足に向けたものが多く、手用は少ない。
これは快眠における枕の重要性と足の冷え対策から来ている。

枕はいろいろな形状のものがあり、睡眠に大きく影響します。
人によってはオーダーメイドするほど。

足の安眠グッズは、ソックス、靴下、サポーターなど
履いて冷えを解消するもの。
もしくは足用の枕、クッションもある。

安眠の季節は?

眠りに適した季節は春と秋であり、夏は暑くて寝苦しく、
冬は寒いと寝付けません。

夏や冬こそが安眠グッズを最も活用できる季節。

夏ですと冷却系。
ひんやり感のあるタオルケット、マット、パッド、
シーツ、枕など。
昔ですと氷枕のように実際に水と氷で温度を下げる方法
でしたが、今では技術や製品開発が進化し、
素材の手触り感触や材質における原理で温度を下げます。

氷やジェル系の冷却材など使っていないのに、本当に
ひんやり感じられるのは熱帯夜にうれしい。

スプレー剤で体や寝具に吹きかけるものもあります。

プレゼントにも最適

安眠グッズは男性向けにも女性にもよい。
父の日や母の日、誕生日のプレゼントにも喜ばれる。

現代人で睡眠に悩む人は増えておりますし、誰しも
快眠できて満足しない人はいませんから、
自信を持ってプレゼントしてください。

マットや枕など寝具はサイズが大き目になる傾向があります。
それでもネット通販で注文すれば宅配で届きますので
問題ないでしょう。

インターネットにある睡眠グッズの専門店を活用したい。

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる

なかなか寝付けない、夜中何度も目が覚めるといった
睡眠に関するお悩みがあるかもしれません。

不眠症や睡眠障害など、入眠や中途覚醒の問題は
いろいろな問題があり特定するのは難しい。
メンタルにおけるストレスなど精神的な要因が
引き起こしていることは否定できません。

しかし意外な盲点が眠る環境や寝具。
これが合っていないと安眠妨害の要素になりえます。

枕や布団選びは慎重に行いたいですし、もし眠りに
お困りでしたら、気休めでも安眠グッズを試して
みてはいかがでしょうか。

それでよく寝れたなら、翌朝起きて快眠だったと思えるなら、
効果があったのです。

完全なる安眠環境というのもなかなか難しいものですが、
自分に合う合わないは少しの違いで変わってくるもの。
そういった研究の末に開発されたのが安眠グッズ。

一度でも安眠グッズで睡眠を取ることをおすすめします。
快眠となることが大いに期待できます。

関連記事

簡単に深い眠りにつく方法はある?深く眠るための工夫
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?