不眠症 一覧

睡眠障害の原因は?

睡眠障害の原因となるものは何でしょうか。

不眠症あるいは寝ている間に異常な行動をする、等と、なかなか
自分では自覚しにくい睡眠障害の原因を考えてみます。


不眠の場合は、日中の興奮や日常のストレスが原因になっている
ことが多い。

できるだけ規則正しい生活サイクルを守り、こまめにストレス解消、
適度な運動をしていれば、大抵は眠れるようになっていきます。

夕方から夜間にかけて、刺激的な食べ物、飲み物、テレビや
スマートフォンも控えましょう。リラックスすることを心がけて。


寝入ってる間に異常に体を動かしたりする場合、精神面のことも
懸念されますが、単に体に不調は無いでしょうか。
身体検査、健康診断を改めて行ってください。持病や実際の体の痛みが
伴うとわずかな感覚でも健やかに寝れない可能性があります。
腰痛や関節痛、虫歯などあらゆる痛みや体の異変に注意。

睡眠時無呼吸症候群のような大きないびきや無呼吸などを
引き起こす原因は肥満、血圧、顎骨の形などが原因という説が有力。


上記のような点に留意しても、改善が見られない場合、もしかすると
メンタルに問題を抱えていることを否めません。
この場合は少しばかり深刻である可能性を受け入れてください。

ずっと悩んでいることはありませんか?潜在的に固定してしまうと、
マイクロストレスのように自覚しないままのストレスとなります。

幼少期からのトラウマ、PTSD心的外傷後ストレス障害のような
心の傷があなたを異常へと駆り立てていることもありえる。


メンタルについては、心療内科もしくは精神科へ。

メンタルクリニックにあまり気が向かなければ、ひとまず内科もしくは
睡眠の問題も扱うクリニックで医師に相談しましょう。

簡単な問診およびカウンセリングで改善することもありますし、
何よりも睡眠障害の原因が判明するかもしれません。

関連記事

睡眠障害とは?
睡眠の重要性
眠れない原因とその影響
不眠症となる原因とは?
睡眠障害と不眠症
睡眠不足の悪影響
隠れ不眠症チェック
レム睡眠とノンレム睡眠
安眠で快眠できる方法とコツ


睡眠障害とは?

睡眠障害は不眠症と間違えられやすいですが、異なります。

不眠症は眠れない症状全般となりますが、睡眠障害は不眠症を
含んでいて、さらに、睡眠時間を確保できているのに寝不足を
感じていたり、睡眠中に異常行動をきたすケースなども含む。


まず、不眠は、寝付けない、夜中に何度も起きてしまう、
予定より2時間以上早朝に目覚めてしまう、一度目が覚めたら
後は再度寝付けないといった症状。

これ以外の睡眠障害では、7時間前後以上の睡眠時間を確保
できているのに、睡眠不足と感じていたり、日中眠気があって
しばしばうたた寝してしまう。酷いと昼間に突然強烈な睡魔が
発生して気絶したように寝てしまうことも。


夜間寝ている間の異常行動が挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群では、寝ているときに、大きないびき
をかくことが多く、突然呼吸が止まる。

寝ているときに寝ぼけたように起き上がって何かの行動をする
人もいます。本人は寝ているので意識はありません。

寝言とは思えないほど、はっきりと喋っていたり、大声を
出したり。
痙攣したように体を小刻みに動かしたり。
逆に金縛りのように体が動かなくなっていたり。


過眠といって、寝すぎることも問題。
長時間の睡眠をとっているにもかかわらず、日中にかなり強い
眠気がでてしまう。寝ても寝ても、寝足りない感覚。


睡眠障害が原因で良質な睡眠がとれていないと、やがて問題行動を
引き起こしたり、社会への迷惑行為、事故などにつながることもあり、
実はとても危険なのです。

なかなか自覚するのは難しいのですが、わかっていれば、
一度、病院で診察を受けることをおすすめします。

または、周りの家族、職場の方などが睡眠障害の可能性を指摘して
あげましょう。

関連記事

睡眠障害の原因は?
睡眠障害と不眠症
睡眠の重要性
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠と枕の関係
不眠症となる原因とは?
睡眠時間は最低でも何時間必要か


不眠症となる原因とは?

不眠症になる原因は何か解説いたします。
直接的な要因よりも、まずは睡眠のメカニズムから
紐解いてみましょう。

昼間は交感神経が高まり活動します。
寝る際は、自律神経の副交感神経が優位になり、眠る。

それが自律神経失調症のようにバランスとして崩れると
不眠症になっていきます。


交感神経が高まる要因として、日中の仕事や行動を考えれば
わかりますね、興奮、ストレス、光が明るい、音、感覚を得る、
反応するといったもの。人間の活動であります。

だから夜寝る部屋では、逆に部屋を暗く静かにし、室内温度を
調整したうえで、布団で温め、目を閉じてじっとします。
これで副交感神経が優位に、入眠へ。


バランスが崩れる要因は、昼間、興奮し過ぎたり、過度なストレスが
あると、布団の中でも交感神経が優位のままになりやすい。

悩みがあるとき、何か特別なことをした日、明日に重大な予定を
控えているなどという夜はなかなか寝付けない、早く起きてしまった、
という経験が誰にでもあるはず。


あるいは寝る際に、直接的原因として、部屋が明るい、騒音がうるさい、
寒い、暑い、といった刺激を生むシチュエーションでも眠りにくい。

旅行や出張でいつもと違う部屋、布団、と環境が変わって寝付けない、
寝れない経験からおわかりでしょう。

もっとも、一時的なことは不眠症ではありませんので、ご安心を。


他の原因としては、夜遅くまでテレビ、パソコン、スマートフォンなどを
見ていたり、カフェインの摂取となるコーヒーを飲んだりすれば興奮に
つながり寝付きや夜中に目が覚め、覚醒しやすい。
酒も気持ちが安らいで眠れるようでいて、体内としてはアルコールの刺激で
覚醒を呼んでいて逆効果。


とにかく、就寝予定時刻から数時間前は早めに寝る支度をしつつ、
体や脳への刺激を少なくしていく、部屋も暗くする。
これで不眠症となる原因を少しでも減らすことができますので、
実践してみてください。

関連記事

不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症を改善する
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
不眠症、うつ病の違いは?
眠れない原因とその影響
睡眠の重要性
睡眠不足の悪影響


隠れ不眠症チェック

隠れ不眠症をチェックしてみましょう。

隠れ不眠症とは、夜寝て朝起きて、比較的、
生活としては、正しく過ごしていて、睡眠時間も
7時間前後確保しているのに実は不眠症である
というケース。

自覚していない不眠症ということになります。
つまりごく普通の日常だと思っているあなたも
その可能性があるのです。


日常において、日々の睡眠が足りないな、寝不足だな、
もっと寝たいな、と思っていれば、まだ自覚がある
ほうです。休日だけでもたくさん寝て、睡眠時間を
確保してください。

この場合、不眠症というには大袈裟で、自覚しているので
隠れ不眠とは違います。


それよりも日中の活動時間帯において仕事や勉強、
人と接している時に体がダルかったり、やる気がでない、
ぼんやりと集中力が無い、ミスが多い、といった場合に
隠れ不眠症の可能性が大きい。

無論、本当に体が病気なのかもしれませんが、健康診断で
問題なければ、まさに隠れ不眠症、睡眠障害が近いとも
考えられます。


仮に7~8時間布団の中にいても、良質な睡眠が取れて
いない場合があります。寝つきが悪かったり、夜中に
何度も目が覚めてしまったり、予定より早朝に起きたり。

寝る時間と起きる時間がほぼ同じでも、睡眠がとても浅い
というケースもありえます。


逆に、寝ても寝ても、どんなに長時間眠っても、寝足りない、
もっと眠くなり、睡眠不足を感じるというケースも。

これも良質な睡眠を取れていないか、不眠症を引き起こすレベル
のメンタル的な問題を抱えている恐れがあります。


無論、季節がよく、スヤスヤと快眠できているなら問題ありませんし、
しばらく睡眠不足が続いて思わず10時間も寝てしまったなど、
一時的なものであれば心配はいりません。

しかし潜在的な隠れ不眠が最も対策が取りにくいため、一定期間、
どうも最近体調がすぐれない、精神的に落ち込んでる、元気が無い、
といった方は、一度、自覚のない隠れ不眠症を疑ってみてください。

関連記事

不眠症の症状について
不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
不眠症、うつ病の違いは?
レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠と枕の関係
安眠で快眠できる方法とコツ


不眠症の症状について

不眠症の症状とはどのようなものか。
主にいくつかのタイミングと症状が見られます。


<入眠障害>
入眠時、なかなか寝付けない。
夜それなりの時間帯に部屋の電気を消して布団に入っても
眠りに落ちない、あるいは気持ちや精神が高ぶったまま。

寝ようとすればするほど寝れない。
困って灯りをつけて起きると完全に起きてしまう、
全く眠くならない。


<中途覚醒>
寝入ることができても、睡眠中、つまり夜間、深夜に
目が覚めてしまう。トイレをたびたび催す頻尿や、
病気や怪我で実際の肉体の痛みを伴うときも目が覚めがち。

逆に特に主だった原因や要因が思い当たらないのに
何度も目が覚めるのは、まさしく潜在的な不眠の傾向が。


<早朝覚醒>
朝方、目覚めるタイプ。

目覚ましをかけるより2時間以上前の夜明け前に
目が起きてしまう。

はっきりとした意識で起きて、以後は寝れない、寝付けない。


睡眠時間は人それぞれ個人差もありますので、
絶対に7時間は寝ないと病気というわけではないのも事実。

3~4時間だけの睡眠で毎日、元気に快活に問題なく
過ごしているショートスリーパーと呼ばれる人がいる、
歴史上存在したのも定説。

少なくとも、上記の内容で自分があてはまる、
どうも睡眠不足しているようで、気になるという方は、
不眠症かその予備軍ですので、早めの対策を心がけましょう。

あまり軽視していると、やがて体調不良や精神的な不安や、
うつ等を引き起こす可能性があり、そうなると睡眠障害という
完全な病気へと変貌していっていまいますので注意が必要であります。

関連記事

不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
隠れ不眠症チェック
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
眠れない原因とその影響
睡眠の重要性
睡眠時間は最低でも何時間必要か


眠れない原因とその影響

眠れない時、入眠しにくい夜、その原因とはどのようなものか。
そして、その後にはどのような影響が待っているのでしょう。


最も軽度なのが一時的に環境が変わった場合。
いつもと寝る場所が違う、枕や布団ベットマットなど
寝具、照明が異なるといったこと。
これは旅行や仕事の出張で誰でも経験あるでしょう。

時差のある国へ出かけたり、徹夜をした後などは、
生活リズムおよび体内時計が狂って眠れなくなることも。

無論これらは病気ではありません。


肉体的な原因として、病気、怪我、持病など体に痛みや
異変が有る場合、眠れません、目が覚めやすい。

一時的なものが多く、原因がはっきりしていますので対処
しやすい。


精神面からくる原因は、ストレス、悩み。

こちらも一時的に発表会やプレゼンなど重大なことを前に
気持ちが高ぶっているだけであれば、終わりが見えていますし、
過ぎ去ればその後は問題なく眠れます。

問題は、マイクロストレスや潜在意識に潜む観念、ストレス。
これらはやや厳しい。しかも自覚があればよいですが、
長く続く慢性的な悩みは自分でも慣れすぎてその精神的負担を
わかっていないかもしれません。


その他の原因として、コーヒー、カフェインの取りすぎ、
薬の副作用、運動不足など。

毎晩当たり前のように寝ているようでいて、睡眠はデリケートな側面
もあるため、少しの変化や刺激で眠れなくなることはありえる
のです。


不眠が続くと睡眠障害であり、日常生活や仕事での気力や集中力の
低下に始まり、やがて不注意からミスや事故を起こしてしまう
危険性さえあります。

こういった眠れないことからの悪影響を軽視していますと、
最終的に肉体も自由がきかなくなり、メンタルとしても、
うつ病を引き起こす要因にもなりかねませんので、注意が必要です。

関連記事

不眠症となる原因とは?
隠れ不眠症チェック
睡眠不足の悪影響
睡眠の重要性
睡眠と寿命の関係
睡眠障害の原因は?
睡眠と枕の関係
レム睡眠とノンレム睡眠
安眠で快眠できる方法とコツ
睡眠時間は最低でも何時間必要か


睡眠障害と不眠症

睡眠障害と不眠症は似ているようで微妙に違います。

単に眠れないような日々の状態や、寝れない目覚めるといった問題を
不眠症といい、睡眠障害は不眠症も含め、昼間に眠気が取れない症状
のように比較的軽度なものから、寝ている間に異常な行動を行うと
いった異常なもの、不眠が原因で起こる、うつ等メンタル的な病理など
全般を示します。


不眠の具体的症状は、寝る時間に布団に入っても30分以上寝付けない、
夜中何度も目が覚めてしまう、起床予定時刻よりも早く起きて
その後寝れない、昼間眠気が取れない、ぼーっとしてしまう、
慢性的に睡眠不足を感じている、といったことになります。


不眠症も問題ですが、睡眠障害はさらに深刻な問題。

厚生労働省によれば成人の5人に1人程度、睡眠に関する問題を
抱えたり、悩んだりしているという。

睡眠障害も一時的なものであれば問題ありません。
例えば海外旅行など時差のある国へ移動を行ったり、
仕事や法事などで徹夜に近い夜を過ごすと、極端な睡眠不足や
生活サイクル体内時計が狂ってしまい、眠れなくなる、
異常に寝てしまう、昼間についウトウト船を漕いでしまうといった
ことは誰でも経験あるでしょう。普通の生理現象。

しかし、慢性的に睡眠障害となってしまいますと、
気力の低下、集中力の低下で、やる気が起きない、
全身の倦怠感でダルい、関節が痛い、注意力散漫して
失敗やミスや勘違いを繰り返してしまうなど、
仕事や日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

最悪の場合、うつ病を発症したり、事故にあったり、
廃人のような肉体、メンタルになってしまう恐れもあり、
注意が必要です。

本人に自覚が足りない場合でも、家族や職場など周囲の人から
見れば、顔色が悪い、様子がおかしい、元気がない、と
うかがい知ることができますので、可能であれば声をかけ、
相談にのってあげることを推奨します。

余計なお世話、心配などと考えずに、睡眠障害や不眠症が
深刻になる前に手を差し伸べてあげるようにしましょう。

関連記事

睡眠障害とは?
睡眠障害の原因は?
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
眠れない原因とその影響


1 2