不眠症 一覧

ストレス・不眠症・睡眠障害で薬を使わない治療法は?

ストレス・不眠症・睡眠障害で薬を使わない治療法はあるか。

ストレスで薬を使わない治療法

ストレスの治療法で薬を使うレベルは、かなり重度な部類
であり精神科医にかかる分野。

それでもどうしても薬を使わない治療法を希望するという場合。

軽度なストレスは運動スポーツで汗を流したり、
趣味に没頭する、お友達とおしゃべりをする、
など好きなことをすればよい。
食べたいものを食べる、よく寝る、睡眠時間を長めに取る。
風呂の湯にゆっくり浸かり体を温めるのもよい。

重度なストレスであれば、その要因が職場か学校かわかりませんが、
一旦その環境から脱却して離脱することが最も簡単で究極的な
解決策になりえます。

不眠症で薬を使わない治療法

不眠症で薬を使わない治療法としては、
そのストレス不安要因を解消する、
運動不足の解消として日中に体を動かす、
規則正しい生活で体内時計や睡眠リズムを整える
などが挙げられます。

薬を使用しない代わりにサプリメントを活用。

睡眠障害で薬を使わない治療法

睡眠障害は入眠時の寝つきが悪かったり、
夜中何度も目が覚めたり、予定より早く起きてしまう、
などの症状。不眠症も含まれます。

不眠症と同様の対策を図ればよいですが、
昼間および入眠時には、楽しいことを考えたり
想像するようにすると改善傾向になりやすい。

それ以外では単純に体力が余っているので、
適度な運動をしてください。
体も心地よい疲れで入眠によいですし、
昂る神経も落ち着く効果があります。
歩くだけでも違う。

睡眠薬、睡眠導入剤を使用しない代わりに
サプリメントを活用。

薬を使わない治療法はあるか?

同様にして、うつ病でも薬を使わない方法
を模索している方はいらっしゃいます。
薬物を使わない精神科を探せば見つかるでしょうが、
やはり対症療法ではなく、原因療法を行い、
その根本的な心理的要因を取り除くことが必要
ではないでしょうか。

つまりストレス、不安神経症、パニック障害などは、
悩み、プレッシャー、将来的な不安などを抱えて
いるのですから、その要因事案を解決すべきと。

薬で神経が緩和しても、興奮や不安など高ぶる神経
が安らかになっただけで、薬が切れたら、あるいは
定期的に薬を使用しないと、再びストレスが発生して
しまうのです。

薬を使わないで安眠快眠する方法は?

人間の感情やメンタルというのは体の動きと
連動しています。
例えば、うつ病の方が原因不明の関節痛や筋肉痛に
なります、病院で検査しても症状は特定できません。
体は健康だからです。

不安やストレスもそうであり、脳の中でそのような
イメージが定着してしまっている状態なのです。

すぐには無理ですが、嫌だとか恐怖に感じることを
少しづつ克服できるように、ほんの少しだけ似た
経験をしてみる。

仕事に行くのが辛くて寝たきり引きこもりになって
しまった方なら、身なりを整えて着替えてから、
ゆっくりと外に出てみる。
外に出れたなら、次のレベルとして少し散歩をしてくる。

そうやって段階的に克服していけば、いつか通常の
生活に戻れます。
但し無理は禁物であり、急ぐ必要はありません。
周囲の人も急かしたり追いつめてはいけません。

散歩の件で言えば、体を動かすと快方に向かいやすい。
可能なら適度な運動をしてみる。

投薬治療はしないに越したことはありません。

薬を使わないでストレス・不眠症・睡眠障害を
改善できれば、いずれ安眠快眠できるようになりますし、
後遺症的な副作用の心配がありません。

精神状態は睡眠と大きく関係があります。

良質な睡眠がさらに安定したメンタルへと導くでしょう。

関連記事

不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症を改善する
不眠症のためのサプリメント
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症、うつ病の違いは?
睡眠障害と不眠症
安眠で快眠できる方法とコツ


医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?

医師推奨の安眠快眠サプリってあるのでしょうか。

サプリメントと医薬品の違い

医師が推奨するサプリメントというのは
なかなか無いでしょう。

サプリメントは栄養補助食品ですので、医者の立場で、
特定のものでこれを使いなさいとは言い難い。
それは例えば食事などでもこういうものを
食べてくださいという指導は、生活習慣病の
酷い状況や余程の大病で無い限りは、
あまり言いませんね、それと同じ。

何かの栄養素で体にどういう働きや効果効能がある
という知識や指導というのは、どちらかというと
栄養士、管理栄養士、調理師などの仕事の範疇に入ってきます。

医師は推奨しにくい

仮にサプリを推奨するとして、医師が処方する医薬品との
合併的な作用、副作用、アレルギーなどまで気を配らねばなりません。

医者としては各社の成分量の違いなども確認していくとなりますと、
職務の範疇を越えてきます。
だからと言って無責任な発言もできません。

また、個人輸入した海外製のサプリメントですと、
外国人の体格体重に合わせて製造されているため摂取量が多すぎたり、
錠剤のサイズさえ大きすぎて口から飲み込みにくいということもあります。

最悪の場合、成分を含まない偽物を買わされるという
詐欺的な事象も心配されます。

安眠快眠サプリ

安眠と快眠のための睡眠サプリメントとしては、
トリプトファン、グリシン、L-セリン、GABA、
ビタミンB6などの成分がよい。

これらは不眠症や睡眠障害でお悩みの方が、
服用しているお薬と併用しても効果的。

なお、睡眠ホルモンのメラトニンを取れたらよいのですが、
日本国内では販売製造が禁止されていますので
海外製を個人輸入するしかありません。

ハーブの薬効成分で安眠

サプリメントが合わない、使いたくないという方には
ハーブもおすすめ。

ハーブは古来からその薬効とともに薬草として
活用されてきましたから、鎮静作用など、安眠に効果的。
アロマオイルで香りの匂いをかいだり、
ハーブティーにして飲んでもリラックスできます。

まずはラベンダー、ローマンカモミールなどで
お試しください。

医師推奨の安眠快眠サプリ

医師推奨の安眠快眠サプリは無いことがわかりました。
仮にどこかのドクターが推薦していても、
その出所をよく確認したほうがよいでしょう。

何らかの研究所、大学の研究室、教授、准教授などが
推薦していることはあり得ますが、広告ではありませんか?
立場が医師とは違います。

しかしサプリメントで安眠や快眠を得ようとするのは
間違いではありません。それ相応の効果が見込めます。
昔の人々がハーブを使っていたことに似ている、
ぜひ活用したい。
不眠症、睡眠障害、うつ病の改善にもよいでしょう。

但し、各社のサプリメントの成分や効果で劇的に睡眠が改善する
といった大きな違いがあるということもありません。

最も大切なのはその人の体に合うか合わないか。
実際に飲んでみてぐっすり眠れたと思えるサプリこそが、
あなたにとっての最もよい睡眠サプリメントだと言えます。

関連記事

安眠快眠のためのサプリメント選び
不眠症のためのサプリメント
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠


安眠快眠のためのサプリメント選び

安眠快眠のためのサプリメントは何を選べばよいのか。

以下に睡眠によい成分を紹介しながら解説いたします。

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸。
体内で脳内神経物質セロトニンに変換され、
夜にはメラトニンに変換されますので、
睡眠のためにはとても重要。

また、セロトニンはメンタルを安定させる精神薬のような
作用がありますので、日中意欲的に活動したり、
うつ傾向が改善していきます。

トリプトファンのサプリは安眠快眠したい方、
ストレスを感じている、活動的になりたい、
うつ病、不眠症、睡眠障害の方に適しています。

メラトニン

メラトニンは睡眠ホルモンであり、人間が眠るときに
なくてはなりません。入眠する、深く眠ることができます。

就寝中、朝方の光とともにメラトニンの分泌が減少していき
目が覚めます。
熟睡できないという方はメラトニン不足かもしれません。

なお、メラトニンのサプリメントは海外では販売されていますが、
日本国内では製造販売が許可されていません。

グリシン

グリシンとはアミノ酸の一種。非必須なので無くても
構いませんし、体内で合成生成することが可能。

甘味旨みなど調味料としても、殺菌作用から保存料にも向いているため、
コンビニの弁当やおにぎりに使われていることでも有名。

ある実験において偶然の発見により睡眠に効果があることが判明。
ぐっすり深い睡眠と目覚めがすっきりする、すなわち
睡眠の質を改善することがわかっています。

寝る前に休息に体温を下げスムーズに入眠、
レム睡眠に至るまでが早いことで睡眠リズムが改善する。
結果として日中の活動時間の集中力ややる気も起きる。

神経物質としても作用し、コラーゲンとの関係もあるため、
皮膚の改善、肌がよくなるという作用まである。

L-セリン

セリンはアミノ酸の一種であり、脳の神経細胞の材料。
効果効能としては神経を緩和させる作用がありますので、
入眠、安眠など睡眠を改善します。

GABA

GABA(ギャバ)はアミノ酸ですがタンパク質ではなく、
神経伝達物質。
興奮を抑えてリラックスする効果が見込めます。

チョコレートにも含まれています。チョコを食べた後、
妙に落ち着いたり、ほっとした感じがしませんか?

ストレス解消、安堵感を得たい方にGABAサプリは最適。

ビタミンB6

トリプトファンがセロトニンへ変換されるにあたって、
ビタミンB6が必要。

逆にトリプトファンばかりを取ってもセロトニンへ
変換されなければ最終的に睡眠ホルモンであるメラトニン
まで変換されないので、睡眠改善に意味がありません。

ビタミンB6は食べ物からも摂取できますが、サプリで
補給するのもよいですね。
睡眠にはトリプトファンとビタミンB6の組み合わせです。

安眠快眠のためのサプリメント選び

睡眠不足は仕事や勉強など日常の活動に支障がでるだけでなく、
高血圧、糖尿病など生活習慣病にかかりやすくなるリスク
があります。

寝付きがよくない、夜中に何度も目が覚めるという人は、
不眠症、睡眠障害の予備軍とも言えます。

安眠快眠のための睡眠サプリメントを活用すれば、
毎日の食事で乱れた栄養バランス、若干不足気味の成分を
補うことができます。

毎晩、安定してぐっすり睡眠を取ることができれば、
朝起きて気持ちもすっきり快眠を味わうことができるでしょう。

安眠のためにサプリメントをおすすめします。

関連記事

医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
不眠症のためのサプリメント
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠


安眠のためのアロマオイルで快眠

安眠のためのアロマオイルで快眠となる方法について。

安眠のためのアロマオイル

安眠の効果効能があるアロマもありますが導眠剤ではありません。

アロマオイルと睡眠の関係については、
高ぶる神経を落ち着かせ、リラックスさせるものを選ぶとよい。

ラベンダー

ラベンダーはヨーロッパ地中界を中心に生息する紫色の花。

疲労緩和の沐浴材や、関節痛および筋肉痛の緩和薬として
用いられていました。

神経系統の鎮静効果についてはその効果が現代科学でも
実験によって証明されています。

香りのよさからのリラックス効果はまさに鎮静作用ですが、
薬効としてのストレス、偏頭痛、めまい、不安症、
不眠の改善に期待がもてます。

ラベンダーのハーブは安眠のために、まず用意したい。

ローマンカモミール

ローマンカモミールは、ヨーロッパやアフリカにある
多年草で、薬効ハーブとして活用されてきました。

ハーブとしては林檎のような香りとなり鎮静効果が代表的。
偏頭痛や筋肉痛、歯が痛いときにも使えます。

不眠解消効果、そして不安解消、消化不良にもよい。

ローマンカモミールのアロマを使えば、体調を整え、
ストレス解消となり、ぐっすり快眠できるでしょう。

オレンジ・スイート

オレンジ・スイートは、果物のオレンジ。

スイートとビターとありますが、スイートは文字通り甘い香り。

リラックス効果、ストレス解消、エネルギーや活力アップ、
食欲増進、胃腸の働き改善、お肌(皮膚)もよくするとされます。

安眠のためのアロマオイルで快眠

安眠のためには睡眠をするにあたっての環境が
とても大きく影響します。

室内の温度、湿度、騒音などもそうですが、
不快なニオイがすれば眠れず、目も覚めてしまう。

匂いは精神面、肉体面に影響を及ぼします。
ハーブの香りをうまく活用すればリラックス効果とともに
安眠快眠は間違いなし。

不眠症や睡眠障害の方は、入眠時や睡眠中にもそうですが、日常的に
アロマを使う習慣を持てば、精神的な安定や肉体のリラックスを得て、
症状の改善にもつながることが期待できます。
うつ病の方にもお試しいただきたい。

安眠のためのアロマオイルで快眠を実現しましょう。

関連記事

安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


快眠できる室内の適切な温度や湿度は?

快眠できる室内の適切な温度や湿度は
どのくらいの設定がよいのでしょうか。

快眠できる室温

室温というのは一般的に27℃前後を示していますが、
寝苦しい夏場や寒くて冷えを感じる冬など季節でも
かなり違ってきます。

寝るのに心地よい室温は22℃、夏なら25℃くらいが適温でしょう。

これにはエアコンで室内温度調整するのはもちろんのこと、
布団やタオルケットなど寝具およびパジャマなど寝間着での
体温調整も肝心なこと。

さらに赤ちゃんは自分で体温調整できませんので、
常に快適な室温を維持しつつ、赤ちゃんの様子を見て暑がって
いないか、寒がっていないか判断することも必要。

快眠できる湿度

快適な湿度40~60%くらい。

夏場は寝汗をかきやすいので布団の中の湿度が異常に
あがります。
タオルケット1枚で寝ても充分ですし、室温をやや低めに
設定することで快適さも増すでしょう。

冬場は空気が乾燥しており、室内は暖房器具によっては、
さらに湿度が下がりやすい。
加湿器をうまく活用することで快適な湿度を保てます。

しかしご自宅の構造や材質によっては、カビが増えたり
木造の木が腐ることもありますので多用は控えたほうが
よいかもしれません。
大抵の日本家屋の一軒家やマンションは、室内で一定の湿度が
保たれるように設計されているものです。

頭寒足熱

頭寒足熱という言葉があります。
頭を冷やして、足を暖かくするという意味。
足は冷え性になりやすく、頭は暑くすると判断力が鈍ります。

夏場の睡眠中は掛け布団なしで寝る人もいるかもしれませんが、
薄いタオルケットを腹から足にかけての下半身にかけておけば
快眠できるでしょう。
ひんやりマット、ひんやりタオルケットなど冷却タイプの
夏の安眠グッズが市販されていますから活用するのも
よいアイデア。

冬場はどんなに寒くても頭部だけは布団から出して寝るように。
呼吸できず窒息する恐れもありますが、頭は冷やすことを
思い出してください。

快眠できる室内の適切な温度や湿度は?

快眠できる室内の適切な温度は22℃前後、湿度は
そこまで気にしなくてよい。調整できるならば
湿度50%前後とする。

安眠には睡眠時の周囲の環境、室内の状態が大きく関係します。
健康で肉体やメンタルに何の問題も無い人であっても
よく寝れない日々が続くとやがて不眠症や睡眠障害になりかねません
ので軽視してはいけません。

快眠するのに必要な室内環境の要素はいくつかありますが、
入眠時の寝つきが悪かったり、夜中何度も目が覚めたり、
朝起きてよく寝れなかったなあと感じたときには、
室内の温度や湿度設定について改めて見直してみましょう。

関連記事

安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


安眠音楽で入眠すれば快眠になる

安眠音楽で入眠すれば快眠になるので
おすすめです。

入眠時に睡眠音楽をBGMにする

夜、就寝予定時刻に部屋を暗くして、
ベッドの中にいるのに、モゾモゾと布団で落ち着かない、
寝付けないという日はありませんか?

入眠時になかなか睡眠状態に入れないのであれば、
導眠音楽を流すのも効果的。

大音量で周囲の騒音をマスキングするのもよいですが、
小さな音でBGMとしましょう。

睡眠用のBGMとしてはクラシックが定番ですが、
水のせせらぎ、雨の音などネイチャーサウンド、
癒し系ヒーリング系、環境音楽、ニューエイジ、
なども安眠音楽に向いています。

もちろん自分が好きな音楽を聞くのがリラックスの
秘訣ですので、ポップスやジャズなどでもよいでしょう。
但しいくら好きでもロック、テクノなど、
興奮してしまうようなアップテンポの音楽は不向きです。

うつ、不安症改善、ストレス解消にもよい

安眠音楽はCDやダウンロード販売で市販されています。

これらの音楽は同時に、うつ病や不安症の改善音楽
としても用いられます。
単純にリラックス効果、作業や仕事勉強が捗る集中効果もある。

寝る時間帯に限らず、日常的に聞いていれば、
心の安定と安らぎを得て、メンタルがよくなりストレス解消。
これは不眠症、睡眠障害、うつ病の予防改善にもよいですね。

もし音楽の入手が難しければ、YouTubeなどの動画サイトを
活用してみてはいかがでしょうか。
安眠音楽が無料で公開されています。

赤ちゃんの安眠音楽

小さなお子さんや乳幼児がいる家庭では、子供を
寝かしつけてもなかなか寝てくれない悩みもあるはず。

なぜか泣きわめいて治めるのも一苦労だったり。

赤ちゃんが寝る泣き止むといった音楽もあるという。
不思議な作用の理由は明らかではありませんが、
大人が睡眠用音楽などでリラックスするのと同じでしょう。

こちらもYouTubeにあるようです。

安眠快眠のためのヨガ体操

寝る少し前の時間帯に、これらの音楽に合わせて
ヨガやストレッチなど軽い体操的な運動してから
ベッドに入るのも安眠に向けて効果的。

適度な運動は快眠につながります。
血行促進、肩凝りや体のこわばりのほぐれ、
ストレス解消が見込まれるから。

特に昼間がデスクワークの方や、日頃の運動不足が
気になっている方は、夜の軽い体操で熟眠できるでしょう。

安眠音楽で入眠すれば快眠になる

音楽は人間の精神面に影響をもたらす効果が知られています。
マッサージサロンなどでBGMが流れているのはそのため。

眠りに入るには心と体がリラックスする必要がありますから
安眠音楽は睡眠にとてもよいのです。

睡眠BGMは入眠時にかけておくだけでなく、眠っている間
ずっと再生していても構いません。
そのほうがよく眠れるという人もいるでしょう。

安眠音楽で入眠すれば快眠になるということは事実ですから、
睡眠のためのBGMをぜひ実践してみてください。

関連記事

安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?


不眠症のためのサプリメント

不眠症のためのサプリメントについて。

サプリメントで眠りは改善できるのでしょうか。


眠れない毎日や睡眠障害で医師の診察を受けて、
睡眠導入剤などのお薬を処方されることがあるでしょう。

しかし人によっては薬には頼りたくないとか、副作用が
心配とか、できるだけ自力で治したいというご意向も
あるでしょう。


それにはサプリメントがよろしい。副作用の心配も無く、
気軽に導入できる。では、どのような成分が入っているのか。

ぐっすり眠るためには精神の安定が必要。
主に昼間、活動時間帯のストレスが影響していることが多い。

快眠、熟眠のためのサプリメントには、精神を安定させるための
ハーブや生薬、漢方になっていることが多い。
これらも天然成分からきていますので安心できます。


あなたに合う漢方を個別に作ってくださる薬局なども
ありますが、料金のほうが少し高めになりがち。
そして最終的に体に合うか合わないかは試してみないと
わかりにくものです。

まずは市販のサプリメント、安眠・快眠サプリを使ってみて
それからオーダーメイドへ向かっても遅くはないはず。


不眠症の基本対策として、まずはお昼のストレス軽減ですから、
夕方意向、夜は、リラックスできるよう過ごし、早めに
就寝の準備をするよう心がける。

あとは運動をしてください。
体を動かすこと自体ストレス解消にもなりますし、適度な運動が
心地よい入眠へと導きます。

こういったことを実践するだけでも、不眠症の症状はだいぶ
変わってくるものです。


もちろん医師の指導は正しい、従うべきですし、医薬品
であるお薬は、サプリメントよりはるかに効果がございます。

それでも毎日の意識と、生活改善に添えるようにサプリメント
を使えば、快眠をえて不眠症を改善する流れにもっていける、
という点でサプリメントの使用もおすすめします。

関連記事

不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症を改善する
睡眠障害と不眠症
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響


不眠症、うつ病の違いは?

不眠症と、うつ病に違いはあるのか。

眠れない状態が続いているのと、鬱な気持ちになるウツ病
について、病名と症状は異うことから無関係と思われがちですが、
実は密接な関係性があります。

不眠症

不眠症は毎晩眠れない、寝付けない、睡眠中に起きてしまう
といった症状が続き、肉体や精神に負担を感じるような症状。

睡眠の役割は肉体の休息を取っていると考えられがちですが、
それだけでなく記憶の整理に代表されるような高次脳機能の
修復や調整も行っている。

不眠が続きますと、脳の機能が不全をきたし、うつ病へ
つながることは大いにあり得ます。

安眠できない原因は、うつ傾向やストレスかも

そもそも安眠できない、朝起きたときに快眠した気がしない
ということは、たとえ睡眠時間が長くとも、良質で深い睡眠が
取れていない証拠。

単に病気で体に痛いところがあるとか、旅行や出張で
いつもと違う環境で寝ているとか、明日に多くの人の前で
プレゼンやスピーチする予定を控えているなど、
明らかにいつもと違う精神状態が原因とわかっていれば、
一時的なものなので問題ありません。

運動不足でも眠れませんから、ある夜寝れなくても不眠症
ではない。

しかし、明確な理由が自身でもわからないのに眠れない日々が
続いているという方は、自律神経失調症だったり、既に、
うつ傾向があるため、心の中の不安感、ストレスなど、
起きている活動時間において問題を抱えている可能性が高い。

slpy_man400

昼間うつ、夜は不眠のスパイラル

昼間に精神不安、うつ的な因子を抱え、それが原因になり
夜は不眠に。

不眠によって脳や精神が不安定で混乱をきたし、うつ病に
なっていく。

どちらの可能性もありますし、一旦、昼の自律神経失調症や、
夜の不眠症になると、お互いがお互いを加速させ、より症状が
深刻で重度になっていく危険性があるといわざるをえません。

うつで不眠に、不眠でうつに

不眠症ではないが、うつ病という人はあまりいないでしょう。
毎晩ぐっすり快眠していて、本人が睡眠に満足していて顔色や
表情もいいのに、うつというのは考えにくい。

良質な睡眠が充分とれていれば、脳機能や精神状態は安定し、
うつ病にはならない、なりにくいのです。

逆に、日常の悩み事は、こじらせてしまいますと、眠りに影響が
でてくるでしょう。たとえ小さな悩みでも長期間続けば
自分でも意識できない潜在意識下のマイクロストレス。

ストレスや悩みは早めに解消すること。
友人知人家族などに相談にのってもらったり、
何かの趣味や運動で発散しましょう。

不眠症、うつ病には関係がある

不眠症、睡眠障害のような症状が感じられたら、
その原因、要因の大部分は起きて活動している日常の時間帯にある、
ということを知っておくべき。

うつ的な精神状態は睡眠に悪影響をおよぼすので、
不眠症とうつ病は関係があるのです。

関連記事

不眠症となる原因とは?
不眠症の症状について
不眠症を改善する
隠れ不眠症チェック
不眠症のためのサプリメント
睡眠障害と不眠症
睡眠不足の悪影響
眠れない原因とその影響
睡眠障害とは?
不眠症で薬を使わない治療法はあるか


不眠症で薬を使わない治療法はあるか

不眠症でも薬を使わないで治療してほしいと考えるのはもっともであり、
間違った考え方ではありません。

どんな病でも薬に頼らず治せるのは理想的なかたちではあります。

不眠症の薬

眠れない症状が不眠症の病気だと医師に診断された場合は、
問診やカウンセリングに始まり、重度だと精神安定薬や
睡眠導入剤を処方されることになります。

お薬と言いましても、効果もそこそこだが、副作用はほとんど無い
といった軽い薬もありますので、使わずに済むところをあえて使う
という治療法。
断るか否か、その辺は医師との相談になります。

患者がどうしても薬は使いたくないと言えば、
先生もその意向を汲み取ってくれるはず。

不眠症の原因

不眠症の原因として肉体的、精神的、主に2つの要因があります。

体の場合は、運動不足だったり、実際の病気で体に痛みがあったり。
空腹でも満腹すぎもよくない。
体温にかかわる部屋の室温や寝具としての布団ベットマット、
掛け布団、枕、寝間着なども重視してください。

生活習慣を正したり、体の問題は睡眠外来以外の病院で診察も
受けましょう。

メンタルの問題

むしろメンタルの問題が多いかもしれません。

睡眠不足、睡眠障害は、ストレスや、うつ、が原因だったり、
逆に引き起こしたりと密接な要因になりえます。

重度の場合は心療内科、精神科でカウンセリングの必要があるでしょう。
診察や相談などメンタルカウンセリングで改善の傾向があれば
お薬は不要です。

ストレス解消の重要性

さて、不眠症の予防法や事前の対策ですが、なるべく正常な精神状態と
思えている方でも悩みはつきない現代です、ストレスを溜め込まないように、
早めに解消する、低減するように心がけましょう。

普段から疲れが取れなかったり、慢性的にダルかったり、
イライラしていたり、怒りっぽかったら要注意。

体を動かし、何らかの趣味を持つ。
自分が楽しめればどんなことでもよいです、没頭できる何か。
とにかく発散できることを1週間の中でこまめに入れていく。

適度な運動はよいですね、心地よい疲れとともに良質な睡眠を得られますし。

但し、酒やギャンブルなど悪い方向へ陥ってしまいがちな趣味や
習慣は避けたいもの。

薬を使わないで不眠症を治療

以上が薬を使わないで不眠症を治療するコツでしたが、
仮にも睡眠の件で医師にお薬を提案されたり処方された場合、
それはプロの判断ですので服用したほうが改善に向かう可能性が
高いことをお伝えしておきます。

副作用がほとんどなく、痛み止め程度の誰でも使うお薬や、
簡単な精神安定剤のようなお薬もあるのでご安心ください。

薬による治療だから必ずしも悪というわけでなく、一時的にでも
薬を使ったほうが改善に効果があり、早期治療完了できる可能性も
あるのですから。

不眠症改善のサプリメント

不眠症、睡眠障害、うつ症状に対して有効性のあるとされる
サプリメントが市販されています。
これらは栄養補助食品ですので食べ物。副作用の心配はありません。

古来の昔の人達はハーブの植物などで頭痛の緩和や痛み止め、
下痢や便秘なども解消してきました。
同様にして自然由来の成分で体調が改善するのも事実。
眠りの問題も解決に向かう。

薬とサプリメントは大きく違います。
不眠症改善のサプリメントを活用することは、薬を使わない治療法
としてはとても有効な方法だと捉え、活用することをおすすめします。

薬を服用するのはサプリメントを試した後でも遅くはないかもしれません。

関連記事

ストレス・不眠症・睡眠障害で薬を使わない治療法は?
不眠症を改善する
不眠症のためのサプリメント
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症、うつ病の違いは?
睡眠障害と不眠症


不眠症を改善する

不眠症を改善するにはどうしたらよいのでしょうか。
眠れない毎日が、さらに寝れない状況を引き起こすことも
ありますので、以下に考えてみましょう。


人間は昼間の活用時間帯に交感神経が働き、夜寝るときには、
副交換神経に切り替わります。

不眠症の原因としては、夜の時間帯や寝るときに副交換神経
に切り替わらないこと。
つまりは興奮や緊張、ストレス状態が続いている状況。

昼間にしっかりと活動することで、夜間にゆっくりとできる
のは事実なのですが、あまり興奮の度が過ぎると収まりが
ききにくくなることがあるのです。

過度なストレスや潜在的な悩みも要注意。
無自覚なまま、不安や興奮を感じているのを否めません。


単純に夕方から夜間にかけて、興奮するような飲食も控えたい。

コーヒーなどカフェイン。酒もリラックスするようでいて、
アルコールは体内では毒なので消化器官や肝臓がフル回転で
動くことになる。


テレビ、パソコン、スマートフォンなどは寝る2時間以上前には
スイッチを消すこと。目も光を浴びて刺激的、情報という脳への
刺激も安眠にはよくありません。

夜の時間帯にかけては、部屋の中をなるべく暗くしていき、
興奮するような行動はなるべく避けて、早めに就寝の支度をする。

人間は体温が下がったときに入眠することができますので、
風呂でぬるめの湯に浸かり、30分〜1時間後に暗い部屋で布団に
入っていれば、やがて眠ってしまうでしょう。
風呂はリラックス効果もありますので、ストレス解消にもなりますね。


不眠があまり深刻なようであれば、一度病院へ行き医師に相談すること。

内診やカウンセリングで解決できる場合もありますし、
簡単な精神安定薬や睡眠導入剤を処方してくれるので、やがて
不眠改善へとつながっていくでしょう。

関連記事

不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症で薬を使わない治療法はあるか
睡眠障害と不眠症
不眠症、うつ病の違いは?
不眠症のためのサプリメント
安眠で快眠できる方法とコツ
睡眠と枕の関係
レム睡眠とノンレム睡眠


1 2