サプリメント 一覧

ストレス・不眠症・睡眠障害で薬を使わない治療法は?

ストレス・不眠症・睡眠障害で薬を使わない治療法はあるか。

ストレスで薬を使わない治療法

ストレスの治療法で薬を使うレベルは、かなり重度な部類
であり精神科医にかかる分野。

それでもどうしても薬を使わない治療法を希望するという場合。

軽度なストレスは運動スポーツで汗を流したり、
趣味に没頭する、お友達とおしゃべりをする、
など好きなことをすればよい。
食べたいものを食べる、よく寝る、睡眠時間を長めに取る。
風呂の湯にゆっくり浸かり体を温めるのもよい。

重度なストレスであれば、その要因が職場か学校かわかりませんが、
一旦その環境から脱却して離脱することが最も簡単で究極的な
解決策になりえます。

不眠症で薬を使わない治療法

不眠症で薬を使わない治療法としては、
そのストレス不安要因を解消する、
運動不足の解消として日中に体を動かす、
規則正しい生活で体内時計や睡眠リズムを整える
などが挙げられます。

薬を使用しない代わりにサプリメントを活用。

睡眠障害で薬を使わない治療法

睡眠障害は入眠時の寝つきが悪かったり、
夜中何度も目が覚めたり、予定より早く起きてしまう、
などの症状。不眠症も含まれます。

不眠症と同様の対策を図ればよいですが、
昼間および入眠時には、楽しいことを考えたり
想像するようにすると改善傾向になりやすい。

それ以外では単純に体力が余っているので、
適度な運動をしてください。
体も心地よい疲れで入眠によいですし、
昂る神経も落ち着く効果があります。
歩くだけでも違う。

睡眠薬、睡眠導入剤を使用しない代わりに
サプリメントを活用。

薬を使わない治療法はあるか?

同様にして、うつ病でも薬を使わない方法
を模索している方はいらっしゃいます。
薬物を使わない精神科を探せば見つかるでしょうが、
やはり対症療法ではなく、原因療法を行い、
その根本的な心理的要因を取り除くことが必要
ではないでしょうか。

つまりストレス、不安神経症、パニック障害などは、
悩み、プレッシャー、将来的な不安などを抱えて
いるのですから、その要因事案を解決すべきと。

薬で神経が緩和しても、興奮や不安など高ぶる神経
が安らかになっただけで、薬が切れたら、あるいは
定期的に薬を使用しないと、再びストレスが発生して
しまうのです。

薬を使わないで安眠快眠する方法は?

人間の感情やメンタルというのは体の動きと
連動しています。
例えば、うつ病の方が原因不明の関節痛や筋肉痛に
なります、病院で検査しても症状は特定できません。
体は健康だからです。

不安やストレスもそうであり、脳の中でそのような
イメージが定着してしまっている状態なのです。

すぐには無理ですが、嫌だとか恐怖に感じることを
少しづつ克服できるように、ほんの少しだけ似た
経験をしてみる。

仕事に行くのが辛くて寝たきり引きこもりになって
しまった方なら、身なりを整えて着替えてから、
ゆっくりと外に出てみる。
外に出れたなら、次のレベルとして少し散歩をしてくる。

そうやって段階的に克服していけば、いつか通常の
生活に戻れます。
但し無理は禁物であり、急ぐ必要はありません。
周囲の人も急かしたり追いつめてはいけません。

散歩の件で言えば、体を動かすと快方に向かいやすい。
可能なら適度な運動をしてみる。

投薬治療はしないに越したことはありません。

薬を使わないでストレス・不眠症・睡眠障害を
改善できれば、いずれ安眠快眠できるようになりますし、
後遺症的な副作用の心配がありません。

精神状態は睡眠と大きく関係があります。

良質な睡眠がさらに安定したメンタルへと導くでしょう。

関連記事

不眠症で薬を使わない治療法はあるか
不眠症を改善する
不眠症のためのサプリメント
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
不眠症の症状について
隠れ不眠症チェック
不眠症となる原因とは?
不眠症、うつ病の違いは?
睡眠障害と不眠症
安眠で快眠できる方法とコツ


医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?

医師推奨の安眠快眠サプリってあるのでしょうか。

サプリメントと医薬品の違い

医師が推奨するサプリメントというのは
なかなか無いでしょう。

サプリメントは栄養補助食品ですので、医者の立場で、
特定のものでこれを使いなさいとは言い難い。
それは例えば食事などでもこういうものを
食べてくださいという指導は、生活習慣病の
酷い状況や余程の大病で無い限りは、
あまり言いませんね、それと同じ。

何かの栄養素で体にどういう働きや効果効能がある
という知識や指導というのは、どちらかというと
栄養士、管理栄養士、調理師などの仕事の範疇に入ってきます。

医師は推奨しにくい

仮にサプリを推奨するとして、医師が処方する医薬品との
合併的な作用、副作用、アレルギーなどまで気を配らねばなりません。

医者としては各社の成分量の違いなども確認していくとなりますと、
職務の範疇を越えてきます。
だからと言って無責任な発言もできません。

また、個人輸入した海外製のサプリメントですと、
外国人の体格体重に合わせて製造されているため摂取量が多すぎたり、
錠剤のサイズさえ大きすぎて口から飲み込みにくいということもあります。

最悪の場合、成分を含まない偽物を買わされるという
詐欺的な事象も心配されます。

安眠快眠サプリ

安眠と快眠のための睡眠サプリメントとしては、
トリプトファン、グリシン、L-セリン、GABA、
ビタミンB6などの成分がよい。

これらは不眠症や睡眠障害でお悩みの方が、
服用しているお薬と併用しても効果的。

なお、睡眠ホルモンのメラトニンを取れたらよいのですが、
日本国内では販売製造が禁止されていますので
海外製を個人輸入するしかありません。

ハーブの薬効成分で安眠

サプリメントが合わない、使いたくないという方には
ハーブもおすすめ。

ハーブは古来からその薬効とともに薬草として
活用されてきましたから、鎮静作用など、安眠に効果的。
アロマオイルで香りの匂いをかいだり、
ハーブティーにして飲んでもリラックスできます。

まずはラベンダー、ローマンカモミールなどで
お試しください。

医師推奨の安眠快眠サプリ

医師推奨の安眠快眠サプリは無いことがわかりました。
仮にどこかのドクターが推薦していても、
その出所をよく確認したほうがよいでしょう。

何らかの研究所、大学の研究室、教授、准教授などが
推薦していることはあり得ますが、広告ではありませんか?
立場が医師とは違います。

しかしサプリメントで安眠や快眠を得ようとするのは
間違いではありません。それ相応の効果が見込めます。
昔の人々がハーブを使っていたことに似ている、
ぜひ活用したい。
不眠症、睡眠障害、うつ病の改善にもよいでしょう。

但し、各社のサプリメントの成分や効果で劇的に睡眠が改善する
といった大きな違いがあるということもありません。

最も大切なのはその人の体に合うか合わないか。
実際に飲んでみてぐっすり眠れたと思えるサプリこそが、
あなたにとっての最もよい睡眠サプリメントだと言えます。

関連記事

安眠快眠のためのサプリメント選び
不眠症のためのサプリメント
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠


安眠快眠のためのサプリメント選び

安眠快眠のためのサプリメントは何を選べばよいのか。

以下に睡眠によい成分を紹介しながら解説いたします。

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸。
体内で脳内神経物質セロトニンに変換され、
夜にはメラトニンに変換されますので、
睡眠のためにはとても重要。

また、セロトニンはメンタルを安定させる精神薬のような
作用がありますので、日中意欲的に活動したり、
うつ傾向が改善していきます。

トリプトファンのサプリは安眠快眠したい方、
ストレスを感じている、活動的になりたい、
うつ病、不眠症、睡眠障害の方に適しています。

メラトニン

メラトニンは睡眠ホルモンであり、人間が眠るときに
なくてはなりません。入眠する、深く眠ることができます。

就寝中、朝方の光とともにメラトニンの分泌が減少していき
目が覚めます。
熟睡できないという方はメラトニン不足かもしれません。

なお、メラトニンのサプリメントは海外では販売されていますが、
日本国内では製造販売が許可されていません。

グリシン

グリシンとはアミノ酸の一種。非必須なので無くても
構いませんし、体内で合成生成することが可能。

甘味旨みなど調味料としても、殺菌作用から保存料にも向いているため、
コンビニの弁当やおにぎりに使われていることでも有名。

ある実験において偶然の発見により睡眠に効果があることが判明。
ぐっすり深い睡眠と目覚めがすっきりする、すなわち
睡眠の質を改善することがわかっています。

寝る前に休息に体温を下げスムーズに入眠、
レム睡眠に至るまでが早いことで睡眠リズムが改善する。
結果として日中の活動時間の集中力ややる気も起きる。

神経物質としても作用し、コラーゲンとの関係もあるため、
皮膚の改善、肌がよくなるという作用まである。

L-セリン

セリンはアミノ酸の一種であり、脳の神経細胞の材料。
効果効能としては神経を緩和させる作用がありますので、
入眠、安眠など睡眠を改善します。

GABA

GABA(ギャバ)はアミノ酸ですがタンパク質ではなく、
神経伝達物質。
興奮を抑えてリラックスする効果が見込めます。

チョコレートにも含まれています。チョコを食べた後、
妙に落ち着いたり、ほっとした感じがしませんか?

ストレス解消、安堵感を得たい方にGABAサプリは最適。

ビタミンB6

トリプトファンがセロトニンへ変換されるにあたって、
ビタミンB6が必要。

逆にトリプトファンばかりを取ってもセロトニンへ
変換されなければ最終的に睡眠ホルモンであるメラトニン
まで変換されないので、睡眠改善に意味がありません。

ビタミンB6は食べ物からも摂取できますが、サプリで
補給するのもよいですね。
睡眠にはトリプトファンとビタミンB6の組み合わせです。

安眠快眠のためのサプリメント選び

睡眠不足は仕事や勉強など日常の活動に支障がでるだけでなく、
高血圧、糖尿病など生活習慣病にかかりやすくなるリスク
があります。

寝付きがよくない、夜中に何度も目が覚めるという人は、
不眠症、睡眠障害の予備軍とも言えます。

安眠快眠のための睡眠サプリメントを活用すれば、
毎日の食事で乱れた栄養バランス、若干不足気味の成分を
補うことができます。

毎晩、安定してぐっすり睡眠を取ることができれば、
朝起きて気持ちもすっきり快眠を味わうことができるでしょう。

安眠のためにサプリメントをおすすめします。

関連記事

医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
不眠症のためのサプリメント
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠のためのアロマオイルで快眠