安眠のためのアロマオイルで快眠

安眠のためのアロマオイルで快眠となる方法について。

安眠のためのアロマオイル

安眠の効果効能があるアロマもありますが導眠剤ではありません。

アロマオイルと睡眠の関係については、
高ぶる神経を落ち着かせ、リラックスさせるものを選ぶとよい。

ラベンダー

ラベンダーはヨーロッパ地中界を中心に生息する紫色の花。

疲労緩和の沐浴材や、関節痛および筋肉痛の緩和薬として
用いられていました。

神経系統の鎮静効果についてはその効果が現代科学でも
実験によって証明されています。

香りのよさからのリラックス効果はまさに鎮静作用ですが、
薬効としてのストレス、偏頭痛、めまい、不安症、
不眠の改善に期待がもてます。

ラベンダーのハーブは安眠のために、まず用意したい。

ローマンカモミール

ローマンカモミールは、ヨーロッパやアフリカにある
多年草で、薬効ハーブとして活用されてきました。

ハーブとしては林檎のような香りとなり鎮静効果が代表的。
偏頭痛や筋肉痛、歯が痛いときにも使えます。

不眠解消効果、そして不安解消、消化不良にもよい。

ローマンカモミールのアロマを使えば、体調を整え、
ストレス解消となり、ぐっすり快眠できるでしょう。

オレンジ・スイート

オレンジ・スイートは、果物のオレンジ。

スイートとビターとありますが、スイートは文字通り甘い香り。

リラックス効果、ストレス解消、エネルギーや活力アップ、
食欲増進、胃腸の働き改善、お肌(皮膚)もよくするとされます。

安眠のためのアロマオイルで快眠

安眠のためには睡眠をするにあたっての環境が
とても大きく影響します。

室内の温度、湿度、騒音などもそうですが、
不快なニオイがすれば眠れず、目も覚めてしまう。

匂いは精神面、肉体面に影響を及ぼします。
ハーブの香りをうまく活用すればリラックス効果とともに
安眠快眠は間違いなし。

不眠症や睡眠障害の方は、入眠時や睡眠中にもそうですが、日常的に
アロマを使う習慣を持てば、精神的な安定や肉体のリラックスを得て、
症状の改善にもつながることが期待できます。
うつ病の方にもお試しいただきたい。

安眠のためのアロマオイルで快眠を実現しましょう。

関連記事

安眠音楽で入眠すれば快眠になる
安眠グッズで睡眠を取れば快眠となる
枕は安眠快眠のための睡眠グッズとして重要
快眠できる室内の適切な温度や湿度は?
安眠によい飲み物・食べ物で快眠へ
安眠のためのツボ押しで快眠へ
安眠快眠のためのサプリメント選び
医師推奨の安眠快眠サプリってあるの?
安眠で快眠できる方法とコツ
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

安眠サポート枕。
日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。
首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)