慢性的な睡眠不足や寝不足が原因の症状から病気、肌荒れ、うつにつながるリスク

睡眠不足、寝不足は人間に悪影響を及ぼします。

肉体面の影響から体力や健康面ばかり意識してしまいそうですが、
精神面から考えましてもメンタル、心にも影響があるのです。

睡眠不足・寝不足が原因の症状

睡眠不足、寝不足が原因の症状としては、まず体力が落ちていく。

体力が落ちていくことでの体調不良以外にも、
日中の眠気、常に眠い、体がダルい、やる気がでない、元気がない。

さらに悪化していきますと、血圧が上がり高血圧傾向になる、
偏頭痛がする、吐き気を催すなどといったことにもなっていく。

睡眠中に肉体では細胞レベルの修復

睡眠中に人間の体は細胞レベルでの修復を行っており、
体力の充足のみならず体の治癒を行っている。

よって睡眠不足が続きますと、疲れが取れない、体がダルいといった
体の不調が症状として出てくる。
軽度のものは自覚しやすいですが、免疫力の低下から風邪を引きやすくなり、
同様にウィルスなど細菌感染のリスクが高まることまでは知られていない
かもしれません。

細胞レベルの治癒がおろそかになるという意味では、新陳代謝の悪化から、
老化、肌荒れ、薄毛、白髪、関節痛、筋肉痛、頭痛、さらには内臓系の大病、
例えばガンなどを患うリスクすら考えられます。

睡眠中に脳の修復

また、睡眠中に人間は脳の修復も行っているとされており、記憶の整理や
高次元に脳機能が整理されている。
脳の機能や精神面メンタルへの悪影響も避けられません。

長期に渡って睡眠不足が続きますと、ストレスが溜まりやすくなり、
気分が沈んで解消しない、起きている間ずっとイライラしていたり、
妙な不安感がある、感情のコントロールがきかず情緒不安定となっていきます。

うつ病のような鬱症状もそうですが、最終的に不安定なメンタル状態は、
狂ったようなハイテンションになったり、押し黙って落ち込んでしまう、
いわゆる躁うつ症状のような情緒不安定となっていくこともありえる。

そこまで重度でなくとも、日常の些細なミスや勘違い、
ぼーっとしていることが増え、事故やトラブルを引き起こすことについて、
その原因が睡眠不足であると皆気づいていない。

肌荒れや暴飲暴食も睡眠不足が原因の症状かもしれない

肌荒れといった目で見える肉体の変化や異常は簡単に把握できますが、
なぜ肌がこんなに荒れるのか不思議に思い、まさか充分に寝ていない
寝不足がその原因であるとは考えもしないかもしれません。

実は暴飲暴食も睡眠不足から来る自律神経失調とストレスの合わさった
異常行動の可能性があります。

単に、やる気が起きない、集中力がない、顔色が悪い、
そういった場合であっても睡眠不足、睡眠障害を疑ってみる。

日常から睡眠を平均的に7時間程度は確保するべきですが、それすらできない
睡眠負債が蓄積している方は、せめて週末だけでも8時間くらいたっぷり寝て、
睡眠不足を解消するように意識してみてください。

関連記事

睡眠の重要性。体力回復や健康面だけでなく脳の修復など大きなメリット
睡眠時間の平均はどのくらい?季節・体調・年齢でも変化する睡眠時間
睡眠時間は最低でも何時間必要か?3時間睡眠のショートスリーパーでも仮眠してるかも
眠れないのはなぜ?その原因はストレスか。眠いのに眠れない問題も
安眠と快眠の違い、安眠とは?快眠とは?
安眠で快眠できる方法とコツ
レム睡眠とノンレム睡眠の違い。熟睡して快眠を得るには最初の3時間とノンレム睡眠が重要
睡眠と寿命の関係。3時間睡眠で人間は死亡率が上がる
睡眠と枕の関係
隠れ不眠症チェック。隠れ不眠症の診断基準とは?

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

★おすすめ【安眠・快眠・不眠症改善】★★★★★

6種の厳選植物成分で独自ブレンドした潤睡ハーブ
不眠の方・朝起きれない方・疲れが残っている方
潤睡ハーブ

休息特許成分配合の筑波大学共同研究睡眠サプリメント
睡眠健康指導士、プロも絶賛
ネムリス-nemlis

安眠サポート枕。
日本人の45%は横向き寝、東洋医学でも
横向き寝が理想とされています。
首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

ろうそくを再現した安眠へ導く揺らめく光
朝、光で起きるとスッキリ起きられて夜はグッスリ安眠に。
音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す
光目覚まし時計inti(インティ)